自動車関係の事故のニュース

危険運転


高速道路で煽り(あおり)運転をした上、被害者の車両の進路を塞ぎ前に出て追い越し車線で停止させ、結果被害者車両の運転手とその妻が後続車の追突によって亡くなられました。
詳細はニュースで報道されているのでご存知の方は多いと思います。

車両を運転している時にちょっとしたことで怒り狂った運転をする人は実際います。
大型トラック、普通自動車、オートバイ、どのドライバーでも感情的になって荒い運転をしているのを見たことがあります。

後ろから煽られても前方に注意しながら運転しましょう。
高速道路には覆面パトカーや高速道路交通警察隊(こうそくどうろこうつうけいさつたい)の車両がどこかにいるはずなので、怖い思いをしている時には迷わず110番をしましょう。スマホにも緊急というボタンがありますしね。迷わず緊急ボタン押しましょう。
一般道でこわい思いをしているときには警察署や交番の駐車場に入って停止しましょう。
走行中、110番しても良いと思います。命がかかっているのですから。


以前の記事にドライブレコーダーのことを書いていると思います。最近のドライブレコーダーは前方だけではなく後方の記録も残せるものがあります。

危険運転の挑発に乗らず冷静に対処しましょう。

職業ドライバーのトラック運転手は上から見下ろせる位置に座席があり気が大きくなっている人が多いと昔から言われていました。ただし免許証が商売道具なのでめちゃくちゃな運転をするドライバーは少数でした。
高速道路の追い越し車線で右ウインカーを出している時には追い越し車線にはずらりとトラックが並んでいる場合が多いです。前方混雑につき廃棄ブレーキ使用中であることを後続車に伝える手段として右ウインカーを出していましたが現在では、そのような昔ルールが無くなってきているようです。

荷物満載のトラックが高速道路の長距離移動をする場合は上り坂と下り坂の場所をしっかり把握しています。
上り坂に入る前にはできるだけ速度を落としたくないのが本音だと思います。上り坂ではただでさえ速度が落ち過ぎますし燃費も悪くなります。トラックの動きはそういうものなのだと認識しておくとよいかと思います。

乗用車は上手に車線を選んで後続車のことも良く確認して車線を変えましょう。

ドライブレコーダーが普及したこともあってyou tube(ユーチューブ)で危険運転に関する動画が多く出回っていますね。
地域によっては右左折交合の暗黙ルールがあったりしますがそんなかってなルールは他県の人間にはわからりませんよね。
何につけても危険運転をするような車にはかかわらないようにしましょう。
車間距離をしっかり保って走ることも大事です。

割り込まれたときには(きっとこの車両は急いでいるんだろうな)と思うことにしましょう。
一台、二台と割り込まれたとしてもその割り込みによって何らかの事故に遭遇しないのかもしれないと思うようにしてみましょう。
事故は数秒の時間のズレで回避できるものです。精神的にカッカとなるだけ損だということです。
少しでも広い心で譲り合いの気持ちを大切にしながら安全に運転して無事に到着地にたどり着けるようにしましょう。

高速道路のパーキングエリアやサービスエリアに交番があるといいかもしれませんね。
県警と自治体で「パーキング交番」というものをつくって下さると有難いなー。

因みにオートバイであっても車間距離はしっかり保って下さい。
二輪車の場合は前の車両が急ブレーキをかける場合、路面に何らかの異常を感じたり後続の車両からは見えない自転車のはみ出しなども考えられます。二輪なのでバランスを崩して発進後に車道の左から右にふらつくことも考えられます。信号で停止してから発信するときに並走はしないように気をつけましょう。
とか、こういうことを自動車教習所は教えているはずなんですが。どうなのかな?


乗用車に限らず二輪車を運転される方もドライブレコーダーをヘルメットや車体に装着するようにしておくと、何かが起きたときには証拠として提出できます。自分の身を守れるのはライダー自身です。車体には走行中後ろを録画できるようにしてヘルメットには前方を録画できるようにしておくのも良い手段だと個人的には思います。




ランキング
人気ブログランキング

ランキングに参加中
一日一回ポチッとクリックいていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 車ブログ 車・運転の豆知識へ
にほんブログ村

運転免許区分

改正道路交通法

平成29年3月12日、改正道路交通法が施行されました。

一つ目は、年齢が、満18歳以上から取得できる運転免許で、「準中型運転免許」という免許が取れるようになります。
詳しくは警視庁リーフレットを見て下さい↓
https://www.npa.go.jp/koutsuu/menkyo/kaisei_doukouhou/leaflet_B.pdf


運転免許を持つ75歳以上の方へ。
認知機能の状況に応じ診断や講習の機会が増えます。

75歳以上の運転者について、認知機能の状況をタイムリーに把握するため、更新時以外でも一定の違反行為があった場合は、新設される臨時認知機能検査を受けてもらうことになります。また、更新時と同様、この臨時の検査で第1分類と判定された方は全員、臨時適性検査(医師の診断)を受ける、または主治医などの診断を受けてその診断書を提出することになり、診断の結果、認知症であることが判明したときは、免許の取消し等の対象になります。

今回の改正により、前回の高齢者講習を受けたときよりも認知機能が低下した方について、最新の認知機能の状況に応じた安全運転教育を行うため、臨時認知機能検査を受けた方で、前回の認知機能検査の結果よりも悪化している場合(第3分類から第1・2分類、第2分類から第1分類)は、新設される臨時高齢者講習を受けることになります。
臨時高齢者講習については、実車指導の際に運転の様子をドライブレコーダーで記録しその映像に基づいて個人指導を行うなど、内容が充実(高度化)されたものとなります(計2時間・手数料5,650円)。
詳しくは警視庁のページをご覧くださいね。ソースは下記です。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/koshu/koureisha_anzen.html


運転に関して不安を感じた場合や、運転免許を返納したいと思った方は全国の運転免許センターにある運転適性相談窓口に問い合わせ、相談しましょう。運転適性相談窓口一覧表(平成28年12月時点)
https://www.npa.go.jp/annai/license_renewal/madogutiitirann.pdf

臨時認知機能検査の要件となる一定の違反行為は下記のような例です。
これも警視庁のwebに掲載されています。

信号無視
(例:赤信号を無視)
通行禁止違反
(例:通行禁止の道路を通行)
通行区分違反
(例:逆走、歩道を通行)
横断等禁止違反
(例:転回禁止の道路で転回)
進路変更禁止違反
(例:黄の線で区画されている車道で、黄の線を越えて進路を変更)
しゃ断踏切立入り等
(例:踏切のしゃ断機が閉じている間に踏切内に進入)
交差点右左折方法違反
(例:徐行せずに左折)
指定通行区分違反
(例:直進レーンを通行しているにもかかわらず、交差点で右折)
環状交差点左折等方法違反
(例:徐行せずに環状交差点で左折)
優先道路通行車妨害等
(例:交差道路が優先道路であるのにもかかわらず、優先道路を通行中の車両の進行を妨害)
交差点優先車妨害
(例:対向して交差点を直進する車両があるのにもかかわらず、それを妨害して交差点を右折)
環状交差点通行車妨害等
(例:環状交差点内を通行する他の車両の進行を妨害)
横断歩道等における横断歩行者等妨害等
(例:歩行者が横断歩道を通行しているにもかかわらず、一時停止することなく横断歩道を通行)
横断歩道のない交差点における横断歩行者妨害等
(例:横断歩道のない交差点を歩行者が通行しているにもかかわらず、交差点に進入して、歩行者を妨害)
徐行場所違反
(例:徐行すべき場所で徐行しなかった)
指定場所一時不停止等(例:一時停止せずに交差点に進入)
合図不履行
(例:右折するときに合図を出さなかった)
安全運転義務違反
(例:ハンドル操作を誤った、必要な注意をすることなく漫然と運転)


※認知症のおそれがあると判断されば場合は、医療機関で検査を義務付ける。

医療機関はえーっ?今でも医者が足りないのにどうなるの?と焦っておられるようです。

まあこの手の話になると他人事とも言えない年齢に近づいていくのでアレなんですが(笑)
ATオートマチックトランスミッション車が多くなってからアクセルとブレーキを踏み間違える事故が増えたと思うんですが・・。
明らかに認知症である場合は別として、年齢に関係なくアクセルとブレーキの踏み間違えはありますよね。

マニュアルトランスミッションいわゆるMTの車であれば、ブレーキを踏む時にはクラッチを踏みますから、クラッチを踏んでいる時にアクセルを踏んだとしても空ぶかしになるだけなんですよね。
動作が増えることで認知症予防にもなっていたかもしれませんな。

何につけ年齢が上がってくると動体視力や判断力は多少なりとも衰えるかもしれませんが、アクセルとブレーキを踏み間違えるような運転をしないためにはマニュアル車にした方が良いかもしれません。
もしくは、アクセルは手で、ブレーキは足でとか?(笑)


認知症検査よりも免許証の自主返納をすることで何らかのメリットを感じられるサービスを増やすことで免許返納者は増えるでしょうしペダル踏み間違い事故は減りそうな気がするんですけど。都市部では免許返納者が多く警察署や試験場は混雑していますが地方ではなかなか自主返納はすすんでいないらしいですね。財政的な問題があるのでぜひ国で考えてもらえれば幸いです。

最後に、自動ブレーキシステムや、急発進制御システムなどの安全対策を施すことが進められていますが、そうだとするといったい自動車学校とは何なのでしょうか?
正直、自動車学校の指導員の教える能力や検定の甘さは問題だと思います。
さらにいえば、検定員の資質の向上にもとりくまなければならない時代であることは確かです。

教習運転がきっちりと身についている人は、通常の運転でも同じようにしっかりとした確認をした上で緊張感をもって運転するばずだと個人的に思います。ただ合格すれば良しとする自動車教習では意味がないと思います。
免許を取得した翌日から街中を走れるような教え方をしているでしょうか?
免許を取ってから町を走ることで覚えなさいでは駄目な気がします。

個人的な感想ですが町を走っている時に、安全確認をしっかりしながら運転をしている人が少なすぎると感じます。
漫然と運転をしている人が多いですね。

これから先は、試験場の検定員含め公認の自動車学校の指導員の運転技能指導がしっかりできる人材が少なくなっていく可能性は大です。今こそ徹底した運転教育の見直しが必要なのではないかと思います。

事故率を見ると年配の方が多いのは事実です。それは免許取得人口が多いから数字の上では多くなってしまうのです。
若い人の運転免許取得率が下がっているため時代と共に変化していくであろう車社会の実情もまた変わっていくとは思います。

さまざまな車両が大好きな管理人としては乗り物の文化はしっかり継承されることを望みます。

マニュアルミッションの車に戻したらアクセルとブレーキの踏み間違い事故は確実に減ると思いますが。
(個人的意見)

ランキング
人気ブログランキング

ランキングに参加中
一日一回ポチッとクリックいていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ドライバー日記

雪国でレンタカーで走る 吹雪の日は最も危険

先ずは、

北海道警察がツイッターで啓蒙している「雪国の冬に起こった事故の動画」を載せておきます。
北海道警察防犯情報発信室ツイッターはこちら
(こちらの文字をクリックすると北海道警察防犯情報発信室ツイッターの動画投稿に飛びます)
うぉー、すごいですね。
目の前真っ白、お先真っ暗になっちゃいますよ。


北海道で生まれ育った方々でも、スパイクタイヤが禁止になってからの冬道は怖いとおっしゃっていますね。
大雪でホワイトアウト状態になると視界は1メートルあるかないかです。ゼロと言っても過言ではないですね。
わたくしは一度だけホワイトアウトを経験致しました。
山に降り積もった雪が風に煽られて一気に目の前が雪で真っ白になり、前方の車のテールランプも何もかもが見えなくなりました。側道の端っこがどこなのか目安になる物も無かったため、速度を落として停車するしかありませんでした。もしや後ろからドンと来るか?と思いました。こわいですよ。ほんっと怖いです。


最近では北海道に旅行に行ってレンタカーを借りる方も多いと思いますが、本当に気をつけて下さいませ。
2016年の夏の気象からいうとこの冬は全国的にも雪が多いといわれています。いわんや雪国をやです。
北海道の地域にもよりますが、滑る感覚を持って普段から運転している車両と同じ速度で雪道を知らない人は走れませんよね。
かといって、トロトロと10km/hとか20キロくらいで走っていたとしたら、走るシケインになり、それもまた危険です。
雪国でレンタカーを借りるのであれば、事前に雪国での運転についてしっかり調べておかれる事をお勧めします。地元のタクシーさんにお世話になるのが一番良いかもしれませんね。


めったに雪が降らない地域でも雪が降ることがあります。
あなたが所有している車のタイヤはスタッドレスタイヤに交換しましたか?

東京都は年に数回しか雪が降りませんが、震災が真冬に起こり他の地域に車で移動しなくてはならない状況にならないとも限りません。どんな事が起こるかわからないので、11月中には冬用タイヤに交換しておくことをおすすめします。


北海道の雪の少ない地域ではアイスバーン(道路が凍結している状態)ブラックバーン(雪が無いにもかかわらず凍結していて黒く光って凍結している状態)で事故が起こっています。
アイスバーン、ブラックバーンは、本州や九州でも高速道路で標高の高い場所にある高架橋やループ橋など道路の下に地面が無い場所では起こり得ることです。

そんな時はどうすんの?って思いますよね。
私は、エンジンブレーキで速度をしっかり落とした上でほんとに少しチョンとブレーキをかけます。
ブレーキテストです。
凍っている時にはタイヤが路面を掴んでいる感触がありません。滑るのがわかります。そんな時には無理をせず、そのままエンジンブレーキを使いギアを落としてさらに速度を落として停止します。
道路が凍結する時間帯は夜明け前から朝日が昇った頃が多いですね。
融雪剤がまかれていても安心はできません。
滑りだして車を制御できなくなったらお手上げです。

安全なのは冬の明け方の高速道路ではサービスエリアやパーキングエリアでゆっくりと過ごすことです。
無理をしないのが一番の安全策です。

凍結した雪道を走る事が予想される時にはスタッドレスタイヤであってもビスが付いたチェーンなどを車に乗せておきましょう。(そんな所は走らないのが一番ですが。)
雪が多いところに行く場合は、スコップや毛布なども車に積んでおきましょう。

雪道は先ず危険なのだと認識することが大事ですよね。

できるだけ公共交通機関をつかいましょう。
とはいえ、最近バスの事故なども多い事から一概にそうしましょうとも言えませんが。

東京の雪は水分を含んでおり、降ったその日よりも翌日に氷のようになっている道路の方が怖いです。
スタッドレスタイヤに交換していてもタイヤはスリップします。氷になっている道路では何をもってしても滑ります。そんな時にはゴトゴトしちゃうけれど、スタッドレスタイヤ+チェーンですね。

この冬、事故が少しでも減りますように。

春3月くらいにスタッドレスタイヤから通常のタイヤに交換される方は多いですね。
しかし、春に寒波が襲来して雪が降らないとも限りません。
春3月でも4月でも雪が降る可能性がある峠もあります。
街しか走らないから大丈夫!ではなくて、万が一の災害時にそのような場所まで車で走ることがあるかもしれないという意味では、地域に寄りますが雪用タイヤは春まで使っていた方が良いかもしれませんね。

ランキング
人気ブログランキング

ランキングに参加中
一日一回ポチッとクリックいていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

  1 2 3 4 5..  次の3件>>



Powered by Seesaa