自動車の免許取得と運転@ワンポイントアドバイス > ドライバー日記 > 雪の季節は雪用タイヤで、局地的降雪時は外出を控えましょう

ドライバー日記

雪の季節は雪用タイヤで、局地的降雪時は外出を控えましょう


日本の冬の気圧配置や気象図をみると、局地的豪雨や豪雪といった現象が見られます。
南の暖かい地方を除いて、ほとんどの地方では雪が降り易くなっていますね。
11月に入ったら関東南部に住んでいても冬用タイヤに交換する事をお勧めします。
(震災等で雪がある地域へ避難しなければならないとなると冬用タイヤは必須です。)

2014年も昨年に引き続き局地的大雪による車の立往生が何件も見られます。
交通量が多い国道でも高速道路でもそれは起こっています。
エンジンをかけたまま立往生している時にエキゾーストパイプ(エキゾーストマフラー)が雪に埋もれると一酸化炭素が車の中に充満して命を落としてしまう事があります。
エンジンを切ると暖がとれないですし予想以上に車内の温度は下がり低体温症になり命にかかわる事もあります。
雪の多い場所を通過しなければならない時、またはそう予想される時や雪の多い地域に車で移動する場合にはプラスコップを一本くらい積んでおきましょう。
私なら携帯トイレとプラスコップとカイロや登山冬用の寝袋と水やちょっとした食糧は車に積んで出かけます。(備えあれば憂いなし)

気象予報を見て雨が降りそうな場合も雪に変わる事があります。
「局地的大雪」などの言葉が含まれる気象予報が出ている時には、できれば外出は控えるようにした方が良いと思いますよ。

これから年末年始で帰省される方も多いと思います。ただでさえ渋滞も予想されますので、最低限の装備をしておくことをお勧めします。
寒い雪の中で携帯電話の電池もなくなってしまったら不安ですよね。
救援すら呼べない事になります。無線が使える方はまた別ですが。
何よりも車ででかける前には交通状況、道路状況、気象情報などをしっかり把握しておくことが大事です。

良い年を迎えられるよう、また無事に帰省先から帰宅できるように気をつけて下さいませ。
ランキング
人気ブログランキング

ランキングに参加中
一日一回ポチッとクリックいていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

<<大型特殊免許(中折れ式) | 自動車の免許取得と運転@ワンポイントアドバイストップへ | (5月)春の交通安全運動と(6月)厳罰化される自転車の危険行為について>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



Powered by Seesaa