運転免許区分

改正道路交通法

平成29年3月12日、改正道路交通法が施行されました。

一つ目は、年齢が、満18歳以上から取得できる運転免許で、「準中型運転免許」という免許が取れるようになります。
詳しくは警視庁リーフレットを見て下さい↓
https://www.npa.go.jp/koutsuu/menkyo/kaisei_doukouhou/leaflet_B.pdf


運転免許を持つ75歳以上の方へ。
認知機能の状況に応じ診断や講習の機会が増えます。

75歳以上の運転者について、認知機能の状況をタイムリーに把握するため、更新時以外でも一定の違反行為があった場合は、新設される臨時認知機能検査を受けてもらうことになります。また、更新時と同様、この臨時の検査で第1分類と判定された方は全員、臨時適性検査(医師の診断)を受ける、または主治医などの診断を受けてその診断書を提出することになり、診断の結果、認知症であることが判明したときは、免許の取消し等の対象になります。

今回の改正により、前回の高齢者講習を受けたときよりも認知機能が低下した方について、最新の認知機能の状況に応じた安全運転教育を行うため、臨時認知機能検査を受けた方で、前回の認知機能検査の結果よりも悪化している場合(第3分類から第1・2分類、第2分類から第1分類)は、新設される臨時高齢者講習を受けることになります。
臨時高齢者講習については、実車指導の際に運転の様子をドライブレコーダーで記録しその映像に基づいて個人指導を行うなど、内容が充実(高度化)されたものとなります(計2時間・手数料5,650円)。
詳しくは警視庁のページをご覧くださいね。ソースは下記です。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/menkyo/koshu/koureisha_anzen.html


運転に関して不安を感じた場合や、運転免許を返納したいと思った方は全国の運転免許センターにある運転適性相談窓口に問い合わせ、相談しましょう。運転適性相談窓口一覧表(平成28年12月時点)
https://www.npa.go.jp/annai/license_renewal/madogutiitirann.pdf

臨時認知機能検査の要件となる一定の違反行為は下記のような例です。
これも警視庁のwebに掲載されています。

信号無視
(例:赤信号を無視)
通行禁止違反
(例:通行禁止の道路を通行)
通行区分違反
(例:逆走、歩道を通行)
横断等禁止違反
(例:転回禁止の道路で転回)
進路変更禁止違反
(例:黄の線で区画されている車道で、黄の線を越えて進路を変更)
しゃ断踏切立入り等
(例:踏切のしゃ断機が閉じている間に踏切内に進入)
交差点右左折方法違反
(例:徐行せずに左折)
指定通行区分違反
(例:直進レーンを通行しているにもかかわらず、交差点で右折)
環状交差点左折等方法違反
(例:徐行せずに環状交差点で左折)
優先道路通行車妨害等
(例:交差道路が優先道路であるのにもかかわらず、優先道路を通行中の車両の進行を妨害)
交差点優先車妨害
(例:対向して交差点を直進する車両があるのにもかかわらず、それを妨害して交差点を右折)
環状交差点通行車妨害等
(例:環状交差点内を通行する他の車両の進行を妨害)
横断歩道等における横断歩行者等妨害等
(例:歩行者が横断歩道を通行しているにもかかわらず、一時停止することなく横断歩道を通行)
横断歩道のない交差点における横断歩行者妨害等
(例:横断歩道のない交差点を歩行者が通行しているにもかかわらず、交差点に進入して、歩行者を妨害)
徐行場所違反
(例:徐行すべき場所で徐行しなかった)
指定場所一時不停止等(例:一時停止せずに交差点に進入)
合図不履行
(例:右折するときに合図を出さなかった)
安全運転義務違反
(例:ハンドル操作を誤った、必要な注意をすることなく漫然と運転)


※認知症のおそれがあると判断されば場合は、医療機関で検査を義務付ける。

医療機関はえーっ?今でも医者が足りないのにどうなるの?と焦っておられるようです。

まあこの手の話になると他人事とも言えない年齢に近づいていくのでアレなんですが(笑)
ATオートマチックトランスミッション車が多くなってからアクセルとブレーキを踏み間違える事故が増えたと思うんですが・・。
明らかに認知症である場合は別として、年齢に関係なくアクセルとブレーキの踏み間違えはありますよね。

マニュアルトランスミッションいわゆるMTの車であれば、ブレーキを踏む時にはクラッチを踏みますから、クラッチを踏んでいる時にアクセルを踏んだとしても空ぶかしになるだけなんですよね。
動作が増えることで認知症予防にもなっていたかもしれませんな。

何につけ年齢が上がってくると動体視力や判断力は多少なりとも衰えるかもしれませんが、アクセルとブレーキを踏み間違えるような運転をしないためにはマニュアル車にした方が良いかもしれません。
もしくは、アクセルは手で、ブレーキは足でとか?(笑)


認知症検査よりも免許証の自主返納をすることで何らかのメリットを感じられるサービスを増やすことで免許返納者は増えるでしょうしペダル踏み間違い事故は減りそうな気がするんですけど。都市部では免許返納者が多く警察署や試験場は混雑していますが地方ではなかなか自主返納はすすんでいないらしいですね。財政的な問題があるのでぜひ国で考えてもらえれば幸いです。

最後に、自動ブレーキシステムや、急発進制御システムなどの安全対策を施すことが進められていますが、そうだとするといったい自動車学校とは何なのでしょうか?
正直、自動車学校の指導員の教える能力や検定の甘さは問題だと思います。
さらにいえば、検定員の資質の向上にもとりくまなければならない時代であることは確かです。

教習運転がきっちりと身についている人は、通常の運転でも同じようにしっかりとした確認をした上で緊張感をもって運転するばずだと個人的に思います。ただ合格すれば良しとする自動車教習では意味がないと思います。
免許を取得した翌日から街中を走れるような教え方をしているでしょうか?
免許を取ってから町を走ることで覚えなさいでは駄目な気がします。

個人的な感想ですが町を走っている時に、安全確認をしっかりしながら運転をしている人が少なすぎると感じます。
漫然と運転をしている人が多いですね。

これから先は、試験場の検定員含め公認の自動車学校の指導員の運転技能指導がしっかりできる人材が少なくなっていく可能性は大です。今こそ徹底した運転教育の見直しが必要なのではないかと思います。

事故率を見ると年配の方が多いのは事実です。若い人の運転免許取得率が下がっているため時代と共に変化していくであろう車社会の実情もまた変わっていくとは思いますが。

さまざまな車両が大好きな管理人としては乗り物の文化はしっかり継承されることを望みます。
ランキング
人気ブログランキング

ランキングに参加中
一日一回ポチッとクリックいていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

運転免許区分

自動車受験資格と運転免許区分


(自動車の区分)
道路交通法第三条による区分
大型自動車、中型自動車、普通自動車、大型特殊自動車、小型特殊自動車、大型自動二輪車、普通自動二輪車の7種類。

道路運送車両法第三条による区分
普通自動車、小型自動車、軽自動車、大型特殊自動車および小型特殊自動車の5種類

≪日本の道路運送車両法によって自動車は何種類に分類されているの?≫
国土交通省では「道路運送車両法」で5種類に分類されています。
警察庁では、「道路交通法」で7種類に分類されています。


国土交通省
道路運送車両法(昭和二十六年六月一日法律第百八十五号)
(自動車の種別) 第三条
この法律に規定する普通自動車、小型自動車、軽自動車、大型特殊自動車及び小型特殊自動車の別は、自動車の大きさ及び構造並びに原動機の種類及び総排気量又は定格出力を基準として国土交通省令で定める。

警察庁
道路交通法(昭和三十五年六月二十五日法律第百五号)
(最終改正:平成二三年六月二四日法律第七四号)
第三条
(自動車の種類)
第三条  自動車は、内閣府令で定める車体の大きさ及び構造並びに原動機の大きさを基準として、大型自動車、中型自動車、普通自動車、大型特殊自動車、大型自動二輪車(側車付きのものを含む。以下同。)、普通自動二輪車(側車付きのものを含む。以下同じ。)及び小型特殊自動車に区分する。


指導員免許を取得する時には道路交通法の重要な条文を暗記しました。(昔の話ですが・・)
色々と法改正されていますから、現在の指導員試験は結構大変ですね。
______________________________________________

(運転免許の区分)

・第一種免許
・大型自動車免許・中型自動車免許・普通自動車免許・大型特殊自動車免許
・大型自動二輪車免許・普通自動二輪車免許・小型特殊自動車免許・原動機付自転車免許・けん引免許

・第二種免許
21歳以上で、大型免許・中型免許・普通免許・大型特殊免許のいずれかを受けていた期間が通算して3年以上なければ受験できない(自衛官等には2年以上の特例があります)。

・仮免許

☆運転免許の種類

・大型免許(大型自動車免許)
・中型免許(中型自動車免許)
・普通免許(普通自動車免許)
・大型特殊免許
・大型二輪免許
・中型二種免許
・普通二輪免許
・小型特殊免許
・原付免許

・大型第二種免許(大型自動車第二種免許)
・中型第二種免許(中型自動車第二種免許)
・普通第二種免許(普通自動車第二種免許)
・けん引免許

平成16年6月1日以前までに普通免許を取得した人は、免許証に「中型車は中型車(8t)にがぎる」と免許の条件等に記載されているはずです。
ですから、その方々は普通自動車免許で車両総重量8t未満、最大積載量5t未満のものであれば運転できます。

☆自動車受験資格

受験資格
(普通自動車)
18歳以上
車両総重量
5t未満
最大積載量
3t未満
乗車定員
10人以下
受験資格
(中型自動車)
20歳以上
(経験2年以上)
車両総重量
5t以上11t未満
最大積載量
3t以上6.5t未満
乗車定員
11人以上29人以下
受験資格
(大型自動車)
21歳以上
(経験3年以上)
車両総重量
11t以上
最大積載量
6.5t以上
乗車定員
30人以上

自動車の免許取得と運転@ワンポイントアドバイストップページに戻る



Powered by Seesaa