安全運転の基本

運転姿勢


自動車の運転の基本、座席の座り方はとても大事です。

運転姿勢01.jpg
(絵がヘタですんませんm_ _m)
ハンドルに対して正対していることで、とっさの危険自体に対応ができます。
腰は座席深くになるように座りましょう。
足の操作が安定します。

視線を安定させるためにも運転姿勢はとても大事です。
(二輪免許を持っている方でしたら、正しい運転姿勢とは、バイクでいうところの「ニーグリップ」と同じと考えて下さい。)

座席に座ったら、クラッチを踏みこんだ状態で座席の位置を座席調整のレバーで調整します。
あまりに体が小さい人は座布部分と背が一体になった背当てクッションを使うことをお勧めします。

両ひじを自然に下げてハンドルを持った時に余裕ができる程度の位置が最適です。

運転姿勢が悪いと認知⇒判断⇒操作に悪影響があります。
全てにおいて遅れてしまうのです。
(ハンドルにしがみつくようにして上を見るような格好で運転をしている人を見ることがあります。
視界はとても悪いはずです。交通状況を把握するにも良いとは言えませんね。)




フットレストは装備されている車とそうでない車があります。
むかーしの車にはフットレストがついていなかったんです。
普段の運転中、シフト操作がない時には左足は車の床にあります。
フットレストは左足で体を固定できるものと思ってね。
ハンドル操作を安定させるためにもフットレストに左足を乗せておきましょう。


周囲の交通状況を常に正確に把握する為にも広い範囲を良く見れるための運転姿勢を心がけて下さいね。

norimono_0084.gif
自動車の免許取得と運転@ワンポイントアドバイストップページに戻る

安全運転の基本

ハンドル(ステアリング)操作・ハンドルは目で切るんだよ^^


免許を持って普段運転している人にとってハンドル操作は意識しなくても自分が行きたい方向に自然にハンドルを切っています。

しかしながら車の運転をしたことがない人にとって初めてのハンドル操作は何これ?状態です。
ハンドルには「遊び」というハンドルを少し動かしてもタイヤが動かない状態があります。
ゴーカートやF1カーなんてのはステアリングに遊びはありません。
クイッククイックで走りますからね~。
通常の自動車のステアリングの遊びは左右に約5度くらいです。
そういうこともあって、初めてハンドル操作をする時には不思議な感覚になるものです。


※ハンドル操作がうまくいかないと、左折大回りやふらつきのもとになります。

@ ハンドルは握りこまない。保持するだけです。
(中指、薬指、小指でハンドルを軽く握る。
人差し指は同じくハンドルの裏側に添えて持つ。)
親指はハンドルに添えておく程度。)

A ハンドル操作は目で切りましょう。
(これが合言葉。)

Bあなたは車の右に座っているけれど真ん中に座っているつもりになろうね。
だから道路の真ん中に自分の体があるように走ってみようね。
もしくは、車は半分だと思ってね。です。
発着場で停止している状態で左タイヤは道路にあるはずなのにボンネットの先を見ると車の約半分は歩道にかかっています。あれ?ってことで、車は半分よ~って教える指導員は多いです。
(これも合言葉。)
車幅(しゃふく)感覚をつかむまでの時間は個人差があります。
でも車幅(しゃふく)感覚がとれるようにならなければ障害物をよける場合、人をよける場合など75センチメートル以上離れてといっても1メートル間隔をとってみてと言ってもさっぱりわかりません。



ハンドル操作といえば視点が大事です。
例えば、「あなたが400メートルトラックで200メートルを自分の足で全力疾走すると仮定します。その時あなたは何処を見て走りますか?」
という質問をしてみます。
「コーナーリングの随分手前でコーナーを確認するけれどコーナーリング中からは既に視線はゴールにないですか?。」
とこちらで答えてあげるととってもわかりやすいのではないでしょうか。

そういう話をしてあげると、車を走らせている時の「ハンドル操作は目で切る」という意味を理解してもらえると思います。


ハンドル操作の基本は、ハンドルを回す、戻す、修正の3つです。
(ひっぱるとか叩くなんてないですからね。w)
車の速度とハンドル操作には密接な関係があります。

速度が速ければその速度に合ったハンドルの切り方があります。
速度によってハンドルを切り始めるタイミングもハンドルを切る速さも違ってきます。
コーナーリングの(R)によっても違いますが、教習所の外周をある程度の速度で走るうちに慣れて来ると思います。

ふらつきが出る時にはアクセルを踏まないこと。
視線をずーっと先に。
ふらつきがなくなるまで何周も外周を回ってみましょう。


乾いた道路、雨で濡れた道路、悪路、砂利道などなど道路のコンディションによってもハンドル操作はとても大事です。ハンドル操作の修正が必要になる場合がよくあります。
送りハンドルで運転しているようだと雨の日の走行では恐い思いをすることになります。
引き運転も覚えておきましょう。


教習所の教え方で例えばですが、狭路などでハンドルを2回半切って・・なんて教え方をしていたとしたらそれはやばいですよ。(笑)

運転免許をとったら、自分の好みの車に乗るでしょう。
軽自動車、普通車、ピックアップ、セダン、ミニバンなど車種によって違いますし、ホイールべースの幅の違いでもハンドルの切り方は変わってきます。
細かく言うとホイールベースだけではなくてオーバーハングの関係によってもハンドルを切るタイミングが変わってくると言えばいいかな?

ホイールベースとオーバーハングの説明得画像.jpg
正確には前輪軸から車の前のバンパーの端っこまでの距離をフロントオーバーハング、後輪軸から車の後のバンパーの端っこまでの距離をリアオーバーハングと言います。
(大型バスやトラックなどはタイヤが自分の座席の後方にありますよね。オーバーハングが大きいと左折時にハンドルを切るタイミングは乗用車のようにはいきません。)

どうしてもハンドルの切り角と車の動きがわからない場合は、広い場所を使って(当たり前ですが)AT車を使いクリープ現象のみでアクセルは踏ませずに、指導員が車外に出て、「こっちに来て来て~」をやってみましょう。ランダムに指導員が動き、その動いた方向に車を向かわせるというものです。
これは、目標物の方向(行かなければならない方向)にハンドルを切る感覚を理解してもらうための手段の一つです。

当時(いつだよ(-_-))結構ご年配の方でしたが、ハンドル操作の練習をしたことで五十肩が治ったという生徒さんがいらっしゃいましたよ。
(余談です。(笑))

今の車は大型車でさえもパワーステアリングですから回すのが楽ですね。
ただしパワーステアリングの車は速度が上がるとハンドルは重く感じるようになっています。

あ、基本的な運転姿勢のお話書いてないわ^^;
そのお話はまた次回。^^/
リア、リヤ、後ろという意味はどちらをつかうか迷ってしまう。・・。(笑)Rear
平鹿倉小学校初代パ2ブリカ700(UP10型).jpg
(初代パブリカ700 UP10型)
古い車ですねぇ。^^
この頃は砂利道だらけだったでしょう。
ダートトラックレースなんかやりたい人には良い時代だったかも。(笑)
ハンドルをとられる事も多いしスリップする事も多いし急発進したら砂利を後方に街き散らしてしまったことでしょう。
運転技術が今よりも高くなければならなかった時代ですね。^^

norimono_0084.gif
自動車の免許取得と運転@ワンポイントアドバイストップページに戻る

安全運転の基本

安全確認


安全確認と一言で言ってもさまざまな安全確認があります。

・自動車に乗り降りする時の安全確認。(車両前後と車両の下等)
・発進、停止する時の安全確認。
・後退(バック)する時の安全確認。
・右左折する時の安全確認。
・交差点確認。
・見通しの悪い交差点を通過する時の安全確認。(ロードミラー含む)
・踏切りを渡る前の安全確認。(窓を開ける動作含む)
・進路を変更する時の安全確認。
・方向変換をする時の確認確認。
・(高速道路や片側2車線以上の道路、または追い越し可能な道路)追い越し車線から車を追い越す前と後(ルームミラー確認)の安全確認。

5点確認か3点確認か2点確認か1点確認かいずれもその時々によって安全確認をしなければなりません。
中型大型二種免許は6点確認。(停止からの発進前確認・バスの乗客と昇降口付近の確認が増えます)
大型特殊二種免許はアンダーミラー2点+5点確認の計7点確認。(停止からの発進前確認)


〇進路変更時、右左折時
3点確認=左(右)サイドミラー、ルームミラー、左後方(右後方)死角の目視。

〇一時停止からの発進前、信号停止から発進する前、バックする前
5点確認=左後方死角部分(左座席の後方窓)、左サイドミラー(フェンダーミラー)、ルームミラー、
右サイドミラー、右後方死角の目視。

◎一時停止からの発進前、信号停止から発進する前、バックする前
6点確認とは5点確認以外にバスの後方乗降口の確認がプラスされます。(中、大型、二種免許)
大型特殊二種は上記のとおり7点確認。



自動車に乗り降りする時の安全確認を除いて(車に乗りこんでいませんからね。)
どこかを目で直視して確認を行う時には必ずアクセルを踏んでいない状態(アクセルオフ)で行います。
安全確認を行うということは、ある意味では「よそ見をする」ということと同じですからハンドル操作をしていない時に行うことが大事です。(進路変更時に死角確認しながらハンドルを切らない。など)

自動車で時速30kmで走っている時、1秒間に何メートル進むでしょうか?
答えは8.33メートルです。約9メートルと覚えておくとよいです。
時速60kmで走っているときで約16メートルです。16.6m(約17メートル)進んでます。
目を閉じてアクセルを踏んだ状態で運転していると想像してみて下さい。
とても恐いことだとわかるはずです。ですからハンドルを切りながらの確認は危険な行為なのです。

安全確認をする時にはハンドルを切っていない状態であること(直進している)と、アクセルを抜いている状態(エンジンブレーキがかかっている、またはブレーキをかけて速度を落としている)で安全確認を行うということを覚えておきましょう。

安全確認ができた上で前方を向いてからハンドルを切る、またはアクセルを踏むということも覚えておきましょう。
死角(左右のサイドミラーに映らない後方)の目視安全確認はしっかりと、しかし、一瞬で的確に行うということも大事です。

停止する前にはチラ見でルームミラーを見ましょう。
走行中もルームミラー、サイドミラーでチラ見確認をしましょう。



後ろから追突されないか、特に高速道路の渋滞の最後尾に着いた時などは気をつけましょう。
ブレーキング前のルームミラーチラ見確認は癖にしておきましょう。

青信号は安全だから進めという意味ではありません。青信号の時は「進んでもよい」です。
青信号の時ほど気をつけましょう。(右左折車、信号無視車、信号無視人間、すり抜けバイク)
多くの危険があるのは実は交差点です。早めの交差点左右確認時は何が起こるかわかりませんのでアクセルを抜く、またはブレーキの上に足を置く(構えといいます)などして安全が確認できたらアクセルに足を置き換えスムーズに通過します。

後続車に対する注意を怠らないようにしましょう。(結構忘れがちです。)

(二輪車も同じですよ~体を守る壁がないのがバイクです。事故に巻き込まれたら体は直撃されます。)

最近は事故が減ったと言っているだけで事故がない訳ではありません。
自分がどんなに慎重に自動車やバイクを運転していても他の車が勝手にぶつかってくることもあります。

不可抗力な事故もありますが、1秒、0.5病のずれが事故を防ぐこともあります。
気をつける=(イコール)道路状況の把握と路面の状態の把握、その他、人、自転車、二輪車、自動車全ての動きに対して目配りが必要です。

確認はよそ見をすることであると理解しておくと、ハンドル操作をしながらとかスピード加速はあり得ないと思えるはずです。しかし、そのよそ見といわれる「確認」は自動車の運転をする上でとても大事なのです。
自動車は走る凶器ですから。誰をも傷つけることが無いような優しくて安全な運転を心がけましょう。

運転って実はとっても疲れます。疲れない人は集中していない可能性があります。
集中力ってそんなに長く続かないものですから。^^;

なので高速道路の走行時はおおよそ2時間に一度は休憩をとりましょうって言われているんですね。

はい、私も気をつけます。/(^^)

norimono_0084.gif
自動車の免許取得と運転@ワンポイントアドバイストップページに戻る

安全運転の基本

自動車免許手順その一・車両の乗降

【車に乗る時】

さあ車に乗りましょう。「よろしくお願いします。」と試験官には声をかけましょうね。
車にのる手順.jpg


車両に乗る時には前方を確認してから車両の後ろを回りこんで後方を確認しながら運転席に向かいます。
が、一般的には、車の後方から運転席に向かい、車両の下を確認、車両の前を確認してから後方確認してドアをあけて乗車という手順です。
これらの確認は車の前や後ろ、車両の下などの死角になる部分に何か障害物がないか、小さい子供がいないかなどを目で見て確認するためです。
確認が終わったら運転席に向かいます。

乗り込む際は、ドアはガバーッっと大きく開けずに、後方をさっと確認したら自分が入れるくらいドアを開けて乗り込みます。
乗りこんだら、後方をチラッと見てドアを閉めます。
ドアは一気に閉めずに少し手前で一度止めてから窓下に左手をそえてしっかりと「バン!」としめましょう。
(太字の部分は覚えておいてね。学科試験に出ることあります。)

座席に座ったら、
1.ドアロック(ただし、後部座席に次の受験者が乗り込むまではロックできないので、シートベルトをしてからロックをかけましょう。落ち着いて落ち着いて。)
2.クラッチを踏んだ状態で椅子の位置の調整と車のハンドルの高さの調整をします。座面も下げたり上げたりできます。シート位置の調整はハンドルを握って動かします。(ハンドルの位置は上下に動きますが位置に問題なければやらなくてよいです。AT車限定の場合はブレーキを踏んだ時にちょうど良い位置にシートの位置を調整します。)
3.次にシートベルトをしっかりしましょう。
4.ルームミラーを手で触って調整します。

めったにありませんが試験官がシートベルトをしていない場合は、「シートベルトとロックをお願いします。」と、さらりと言いましょう。後部座席の人にもシートベルトをお願いしますと声掛けをします。
オートロックの場合は運転者である自分がロックし直しをすることになります。

「準備ができたらエンジンをかけてください」と試験官に言われたらエンジンをかけます。

【発進】(エンジン始動)
・ギアがニュートラルであるか手で動かし確認し、ブレーキとクラッチを踏んだ状態でエンジンキーを回します。(エンジン始動ですよ。)
【AT車の場合はシフトがPの状態でブレーキを踏んでエンジン始動です。】
試験官が発進してくださいと指示をだしたら
1.ギアをローギアに入れて、サイドブレーキを解除(下ろす)したら、ウインカーの右合図を出し、安全確認(左死角(検定員の頭の後ろあたり)を目視、左ドアミラー(フェンダーミラー)を目視、ルームミラーを見る、右ドアミラー(フェンダーミラー)の目視)をし、てからゆっくり発進します。
発進したら合図(ウインカー)を戻しましょう。
【大型車、けん引車の場合は2速(セカンドギア)発進です。】

(※)5点確認
@左死角(検定員の頭の後ろあたり)を目視、
A左ドアミラー(フェンダーミラー)を目視、
Bルームミラーを見る、
C右ドアミラー(フェンダーミラー)の目視、
D右の後方の目視の事の事を
通称五点確認といいます。
短時間で、しかし、しっかりと首が止まるように"てきぱき"としましょう。

(5点確認は停止後の発進、後退(バック)する直前などに必ず行わなければなりません。)
6点確認といわれているのは、大型二種(バス)の場合、上記確認に車内後方が含まれます。
7点確認といわれているのは大型特殊の場合、上記確認に左右のアンダーミラーの確認が含まれます。


【停止】(エンジン停止)
左合図(ウインカー)を出しながら車の発着場に入ってきたら、ギアはシフトダウンせずにブレーキだけで速度を落としクラッチを踏んでしっかり止まりましょう。停止したらハンドブレーキを引きウインカーを消します。

ギアは基本的にはバックギアに入れて(下り坂の時にはローギアに入れる)(ATの場合はP)エンジンを切ります。(この時クラッチとブレーキは踏んだままです。)
エンジンを停止したらクラッチを踏んでいる足を離し最後にブレーキから足をはずしてシートベルトをはずして車を下ります。
下りる時、ドアを開ける前に後方を見ましょう。(後方確認)

(下車の手順は下記どおり)
【車を降りる時】
右後方目視確認をしてからドアを自分が出られるくらい開けて車外に出ます。
一度車の後方を確認しに行き何か不都合がないかの確認をします。(省略して良い場合が多いです。)
次に車の前を回って試験官の元に行きます。(車の前後の確認はいりませんという試験官もいらっしゃいます。試験を受けた時に説明してくださいます)

norimono_0084.gif
自動車の免許取得と運転@ワンポイントアドバイストップページに戻る


Powered by Seesaa