自動車運転免許 学科試験

(道路交通法改正について)平成23年9月12日に施行

(道路交通法改正について)

平成23年9月12日に施行された規制標識について

自転車道、歩道での自転車の通行に関する規制標識が新設されました。

規制標識は以下のようなものです。自転車規制02.jpg自転車規制01.jpg
「この歩道上又は自転車道上では自転車一方通行です」という標識ですので、この標識がある場所では逆行して走る事はできません。
そもそも、自転車は道交法上軽車両に区分されますから、車道の左側を走るのが原則です。
歩道を走れる場合が例外であって、歩道を走る時には車道を走る時以上に歩行者に気をつける必要があるわけですから、このような標識ができる事自体が問題なのです。

とは言え、このような標識が設置されますと、今後上記のような標識があることで「お墨付きを得た」と勘違いした自転車が速度をこれまでよりも出して歩道を走行する可能性があります。
車両を運転する人は交差点や側道に左折する場合には特に確認を怠らないように気をつけなければならないなぁと私は感じましたわ。

都内で自転車通勤をする人はほんっとにびっくりするくらい増えています。
自転車と車の事故では弱者保護という観点から、どうしても自動車の運転手の過失が大きくなります。
歩道や自転車通行帯などを横切る場合には一時停止して安全確認をしましょう。
だって、いくらもらい事故だとしても、こちらが走っている限りにおいて事故を起こしちゃったら過失ゼロってことにはなりませんからね。

ちなみに、警視庁のページに【「自転車が安全な速度で走る」という意味はいつでも徐行運転に移行できる速度であり、安全な速度で走行しなかった場合は2万円以下の罰金又は科料が科せられます。】という趣旨の記述がありますが、そのことを理解した上で自転車を走らせている人がどれほどいるのでしょう?
危なっかしい自転車を良く見ますよね。
ケータイやスマホをいじりながらとかイヤホン等で音楽を聞きながらとか降雨時などに片手で傘をさしながら走行する人とか。
自転車乗りの皆さんはそんな見方をされることが多いってことを認識して下さいね。

あ、夫が「そんなのは自転車乗りの常識的なマナーだ。ふざくんな。」と言ったその口で「けど自転車乗りにはマナーが悪いキチ●イも多いからなぁ」と言ってる。(笑)
そういう目で見られないように、かつ事故を起こしたり巻き込まれたりしないよう気をつけて下さいね。
自転車って体晒して乗っている分、事故を起こしたら痛い目にあうのは自転車乗り本人です。
命って大切にすれば一生使えるんですから本当に気をつけて安全運転を心がけて下さいね^^

自転車通勤.gif

ランキング
人気ブログランキング

ランキングに参加中
一日一回ポチッとクリックいていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
自動車の免許取得と運転@ワンポイントアドバイストップページに戻る

自動車運転免許 学科試験

自動車免許 学科試験 覚えておきたい事

自動車の学科試験について

「正」「誤」のマークシート(マス)のどちらかを鉛筆で塗りつぶしていきます。
ロト6のような(笑)すみません、つい・・。
真面目に、
「上が正、下が誤」のマスになっていました。
(私が受けたのは第二種免許です。)

第一種運転免許の学科試験は100点満点中80点で合格です。
マークシート95問(内、文章問題90問、イラスト問題5問、各々3問づつ)
制限時間50分

第二種運転免許の学科試験は100点満点中90点で合格です。
マークシート95問(内、文章問題90問、イラスト問題5問、各々3問づつ)
制限時間50分

(原動機付自転車)原付と小型特殊自動車については↓のとおり
マークシート48問(内、文章問題46問とイラスト問題2問)
制限時間30分

昔はイラスト問題というのはありませんでした。
最初に例えばですが、試験用紙に名前を書いた後に「はい、では軌道敷内という文字を横の枠内に書いて下さい」と試験官に言われて、え?)と思いながら書いた記憶があります。
(どんだけ昔w)

私が今回第二種運転免許の学科試験を受けてみた感想は、「昔と随分変わったなぁ」です。
運転免許切り替え時にいただく小冊子だけを読んで試験に挑みましたが一回目落ちました。
(お恥ずかしい)
ちょっと勉強をし直しまして二回目で合格しました。

これだけは覚えおきたいよねって思う事を列記します。
(運転するにあたって知っていなければならない最低限の事だと思って下さい。もちろん試験対策ですが。^^)

☆☆☆☆☆

・標識がない場合の一般道路の最高速度は、自動車は60km/h 原動機付自転車(原付)は30km/h小型特殊自動車は15km/h

☆☆☆☆☆
・道路幅が同じような交通整理が行われていない交差点では左方優先。(自分から見て左から着ている車が優先)

・道幅が広い道路を通行している時は狭い道路よりも前者が優先。(道幅が広い道路を走行している車が優先)

・優先道路の標識がある道路では優先道路を走っている車が優先。(文字通りです。徐行をする必要なしです。(ただし気象条件によっては気をつけなければなりません。こう言う事は常識の観点から考えましょう))

☆☆☆☆☆
駐停車禁止場所(文字通り駐車も停車もだめな場所)】

・駐停車禁止の標識または表示がある場所(道路)
駐停車禁止01.jpg
時間は白字で入っています。時間が入っていない標識もあります。
上記の標識だと朝8時から夜8時までが駐停車禁止場所ということになります。
規制表示駐停車禁止.jpg
道路に上記のようなペイントがある場所。
(白の実線と破線、白の実践が2本、歩道に渕に黄色の実線があるなど)

・坂の頂上付近、勾配の急な坂
・軌道敷内(路面電車が走っている街に住む人には理解できると思います。)
・トンネルの中

ここから5メートル以内は駐停車禁止だよの場所
・交差点とその端から5メートル以内
・道路の曲がり角から5メートル以内
・横断歩道や自転車横断帯など、その端から5メートル以内



ここから10メートル以内は駐停車禁止だよの場所
・踏切りとその前後10メートル以内
・安全地帯の左側とその前後10メートル以内
・バスの停留所の表示板から10メートル以内(※運行時間中のみ)
・高速道路(ただし災害などの緊急時や危険防止のための一時停止はその限りではありません)

☆☆☆☆☆
駐車禁止の場所(停車はしていいですよという場所)】

・駐車禁止の標識や表示がある場所(道路)
駐車禁止.jpg
・火災報知機から1メートル以内
・駐車場等の出入り口から3メートル以内
・道路工事の区域の端から5メートル以内
・消防関係施設から5メートル以内

☆☆☆☆☆

第二種運転免許の学科試験の場合は第一種運転免許の試験プラスお客さんを乗せて走っている事を自覚しなければならないということを念頭においた問題がミックスされています。

旅客運送に関してはお客さんの安全を第一に考える事が大事ということです。

バスの回送運転では大型免許のみで乗れます。
大型免許を持っている場合はお客様が乗っていないバスであれば回送などの運転はできるんですね。


とにかく問題を読んで素直に受け取ることです。
引っかけ問題がよく出ると言われますが、具体的な書き方であれば間違わないのですが曖昧な受け取り方をしてしまいそうな問題の出し方がされている時に間違い易いと思いました。
例えばですが、「バスに犬を連れたお客さんを乗せてはいけない」というような表現の問題だとします。
小型犬や盲導犬、介助犬はバスに乗せることができます。バリケンなど小型犬や中型犬を収容できるものに入れている場合も乗せられます。
ただそういう表現だけの問題でれば、答えは「誤」(単純に考えると犬を乗せてもよいから。)です。

ただし、迷惑をかけそうな犬(吠えまくるとか)などの表現問題で、バスに乗せてはいけないの場合は、答えは「正」となります。

バスの昇降口を塞いでしまうような普通の大型犬を乗せてはいけないというような問題では、「正」が正解。

学科試験に関しては試験場で問題集が販売されていればそれを購入するのが一番よいと思います。
問題を見ながら別な用紙に番号をつけた上で○か×をつけていき、自分で採点してみましょう。
それを何度も繰り返して正解率が上がってきたら学科試験に挑みましょう。
私も最初からそうすればよかったと思いました。
受験料もばかになりませんからね。

試験場には鉛筆と消しゴムは準備してありますが、自分が使いやすい鉛筆を数本(折れた時慌てないよう)と消しゴムは自分で準備して行った方が良いと私は思いました。
(鉛筆削りも筆箱に入れて行きましたよ。w)

学科試験合格から半年以内で実技試験を合格しなければ一発試験の場合はまた学科試験を受けなければなりません。
私も趣味で免許を取る訳ではないので気合いを入れます。
生活がかかってます。けど、一回の技能試験は大型二種の場合ですが7700円かかりますので、何十回もかけるわけにもいかないし、毎日とか数日置きに試験を受けられるような金銭的な余裕もありません。
頑張るしかないですね。・・・・・。がんばる。それだけですね。
大型バスの技能練習ができる教習所は東京都内にはありません。
埼玉か神奈川にしかありません。うぅ・・・orz

(今後その他の問題に関してこれは気をつけていなければならないと思う事に気づきましたら追記します。)

私が初めて原付免許を取った16歳の時の学科試験では一度で受かりはしましたが、自分が間違った問題を一つだけよーく覚えています。
その問題とは、「原動機付自転車に乗る場合のヘルメットは工事用のヘルメットでもよい」という問題でした。
答えは×なんですが、わたしは○にしてたんですよ(笑)
だって町を走っているおじさんが、よく黄色い工事用ヘルメットをかぶって走っていましたから(笑)
私の実家は警察官が多く出入りする家だったので、警察官と話をした時、「お前なぁ、田舎のおいちゃんたちが免許を取る時なんてそんな試験もなかったしヘルメット着用義務って事も知らないんだから、見てたからで判断すんなよ~。」と笑われました。(ちなみに私が原付免許を取った時もまだヘルメット着用義務はなかったのでございます。すごい昔だね。w)

原付免許も道路を走るための免許です。
公道を走る時のマナーや交通ルールを知らないばかりに反則きっぷを切られないように勉強しましょうね。何よりも人を傷つけないように他の人に迷惑をかけないようにすることを心がけるという意味でもそういう観点からの問題は出ますよ。
って偉そうなこと言えませんけど。^^;

norimono_0084.gif
自動車の免許取得と運転@ワンポイントアドバイストップページに戻る


Powered by Seesaa