自動車関係の事故のニュース

危険運転


高速道路で煽り(あおり)運転をした上、被害者の車両の進路を塞ぎ前に出て追い越し車線で停止させ、結果被害者車両の運転手とその妻が後続車の追突によって亡くなられました。
詳細はニュースで報道されているのでご存知の方は多いと思います。

車両を運転している時にちょっとしたことで怒り狂った運転をする人は実際います。
大型トラック、普通自動車、オートバイ、どのドライバーでも感情的になって荒い運転をしているのを見たことがあります。

後ろから煽られても前方に注意しながら運転しましょう。
高速道路には覆面パトカーや高速道路交通警察隊(こうそくどうろこうつうけいさつたい)の車両がどこかにいるはずなので、怖い思いをしている時には迷わず110番をしましょう。スマホにも緊急というボタンがありますしね。迷わず緊急ボタン押しましょう。
一般道でこわい思いをしているときには警察署や交番の駐車場に入って停止しましょう。
走行中、110番しても良いと思います。命がかかっているのですから。


以前の記事にドライブレコーダーのことを書いていると思います。最近のドライブレコーダーは前方だけではなく後方の記録も残せるものがあります。

危険運転の挑発に乗らず冷静に対処しましょう。

職業ドライバーのトラック運転手は上から見下ろせる位置に座席があり気が大きくなっている人が多いと昔から言われていました。ただし免許証が商売道具なのでめちゃくちゃな運転をするドライバーは少数でした。
高速道路の追い越し車線で右ウインカーを出している時には追い越し車線にはずらりとトラックが並んでいる場合が多いです。前方混雑につき廃棄ブレーキ使用中であることを後続車に伝える手段として右ウインカーを出していましたが現在では、そのような昔ルールが無くなってきているようです。

荷物満載のトラックが高速道路の長距離移動をする場合は上り坂と下り坂の場所をしっかり把握しています。
上り坂に入る前にはできるだけ速度を落としたくないのが本音だと思います。上り坂ではただでさえ速度が落ち過ぎますし燃費も悪くなります。トラックの動きはそういうものなのだと認識しておくとよいかと思います。

乗用車は上手に車線を選んで後続車のことも良く確認して車線を変えましょう。

ドライブレコーダーが普及したこともあってyou tube(ユーチューブ)で危険運転に関する動画が多く出回っていますね。
地域によっては右左折交合の暗黙ルールがあったりしますがそんなかってなルールは他県の人間にはわからりませんよね。
何につけても危険運転をするような車にはかかわらないようにしましょう。
車間距離をしっかり保って走ることも大事です。

割り込まれたときには(きっとこの車両は急いでいるんだろうな)と思うことにしましょう。
一台、二台と割り込まれたとしてもその割り込みによって何らかの事故に遭遇しないのかもしれないと思うようにしてみましょう。
事故は数秒の時間のズレで回避できるものです。精神的にカッカとなるだけ損だということです。
少しでも広い心で譲り合いの気持ちを大切にしながら安全に運転して無事に到着地にたどり着けるようにしましょう。

高速道路のパーキングエリアやサービスエリアに交番があるといいかもしれませんね。
県警と自治体で「パーキング交番」というものをつくって下さると有難いなー。

因みにオートバイであっても車間距離はしっかり保って下さい。
二輪車の場合は前の車両が急ブレーキをかける場合、路面に何らかの異常を感じたり後続の車両からは見えない自転車のはみ出しなども考えられます。二輪なのでバランスを崩して発進後に車道の左から右にふらつくことも考えられます。信号で停止してから発信するときに並走はしないように気をつけましょう。
とか、こういうことを自動車教習所は教えているはずなんですが。どうなのかな?


乗用車に限らず二輪車を運転される方もドライブレコーダーをヘルメットや車体に装着するようにしておくと、何かが起きたときには証拠として提出できます。自分の身を守れるのはライダー自身です。車体には走行中後ろを録画できるようにしてヘルメットには前方を録画できるようにしておくのも良い手段だと個人的には思います。




ランキング
人気ブログランキング

ランキングに参加中
一日一回ポチッとクリックいていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

自動車関係の事故のニュース

長距離大型バスの事故


・2007年2月18日未明、あずみ野観光バスが運行していたスキーバスが大阪府吹田市の大阪中央環状線で大阪モノレールの高架支柱に激突し添乗員が死亡し運転手として乗務していた社長の長男および乗客25人が重軽傷。


・2012年4月29日未明、中国人が運転していた夜行バスが関越自動車道上り線(藤岡ジャンクション付近)で居眠りによる大きな事故を起こしました。防音壁に激突しバスが縦に割れるように切り裂かれるようなひどい事故でした。
運転手は無事でしたが乗客7人が死亡、乗客38人が重軽傷。

大型二種免許を取得する際には難しい学科試験を受けているはずですが、この中国人の運転手は逮捕後も通訳が必要なほど日本語を話せなかったらしい。
不正があったと私は思いますが。
その後、中国人が運転免許を取得する際の学科試験で、正と誤の回答を試験中に外部から通信手段を使って回答して合格している事例が多数発覚しています。
試験場は甘かったですな。



・2012年8月2日東北自動車道下り線(宮城県白石市付近)でディズニーランドから新宿経由で仙台に向かっていた夜行高速ツアーバスが前方を走行していたトラックに追突したというニュースがありました。
運転手は、脳梗塞を起こした事で医師から車の運転はしないようにと指示されていたらしいですね。

※この他にも観光バス、特に夜行バスで長距離を走るバスで事故は多いようです。
睡眠不足による居眠り運転がほとんどです。


国土交通省は、検討会を設けて規制の強化を図るとのことですが、運行管理会社の規制を強化するだけでは解決しない問題もありそうです。
多くの命を預かる大型二種の長距離運航運転手は経験豊富なベテランの運転手が多いはずなんですけど・・。

私も長距離を走る機会が多く、大凡1,400kmの距離を一年にだいたい5回から7回の往復をしていました。
前方を走る車で居眠り運転をしているのではないか?と思われるトラックや乗用車は蛇行運転をします。
右に寄ったと思ったら急ハンドルを切っているのか左に寄り直す、その逆で左に寄ったと思ったら右へと、後ろから見ていて危ないと思われる車は多数見てきました。
あまりにひどい時にはクラクションを鳴らして気付かせる事もありました。
またそういう蛇行運転をする車の後方に着いてしまった時には、一気に追い越すか、通常の車間距離の倍以上の車間距離をとって様子を見るなどの判断をしなければなりません。

二種免許取得者の健康管理と運行管理は必須ですね。
バス会社も競争か激化した事で、運賃の値下げ競争になり、結局はドライバーの賃金が安くなるので運転手は無理なスケジュールを組まざるを得なくなったり、運航会社も経費を下げるためにバス運転手の2人体制を怠ったりと、不備があった事も事実です。

人の命はお金には代えられません。
今の時点で言えることは、国の指導が徹底し、また、バスの運行会社のモラルの向上により安全に運行できるまでは夜行バスや長距離バスに乗る時にはその会社を良く調べてから乗りたいものですわね。
私だったら単に運賃が安い長距離バスには今はまだ乗りたくありません。

二種免許の試験は昔と違って実技も難しくなりました。
昔の大型二種の免許取得は試験場内コースのみでとれましたからね。
学科試験については、中国人の方には申し訳ないですが、車の免許を持っている方にももう一度受けていただきたいと思います。

事故を起こすと物損事故であろうと何だろうと、せっかくの楽しいドライブはただただ事故処理で時間を費やして目的地にも到着できなくなります。
ほんの少しスピードを出したとしても、到着時間はそうそう変わりません。

お盆やお正月に帰省される方も多い事と思います。
夏は台風、冬は大雪など気象条件が悪いが多くなります。
自家用車で高速道路を走っていかれる方は気をつけて運転して下さいね。

昔から言います。
「茶、一杯飲んでいきなされ。」
その数分の事で危険を免れる事があります。
200km走行したら、または2時間程度走ったらサービスエリアやパーキングエリアで休憩を取りましょう。

自動車の免許取得と運転@ワンポイントアドバイストップページに戻る

自動車関係の事故のニュース

またもや通学途中の児童の列に車が突っ込む


なんとも悲しい事故がまたもや起きてしまいました。
前回のてんかんの人に続き、またもや京都で起こりましたね・・。
無免許で車を運転していた未成年者が起こした今回の事故は自動車運転過失致死傷罪に問われるのか危険運転致死傷罪に問われるのか、または殺人罪になるのかどうなのかさまざまな意見が飛び交っています。
亡くなられたお母さんとお腹の中の赤ちゃん、通学中だった子供さんのご冥福をお祈り致します。


車は走る凶器であると何度も書いてきました。
例えば、銃の管理は、必ず鍵がかかる保管庫に入れなければなりません。
そして一年に一度更新し、銃の点検も行われますよね。
銃を免許をもたない第三者に簡単に使われては危ないどころか死傷者が出ます。
車も同じなんじゃないかな?

車の免許は更新は3年に一度、ゴールド免許ならば5年に一度ありますし車検制度ってなもので車の点検は行われます。
車も同じように、免許を持たない親族(子供)に勝手にその車を運転されて事故を起こされたら親にも責任があると思うのです。
今回事故を起こした未成年者の父親がインタビューに対してこう答えていました。
「子供が以前無免許でオートバイを運転して検挙された事があるので、交通法規を知らないままで無免許で運転するとどんな危険があるかを言い聞かせていた。」と。

いやー、私はあの父親のコメントには呆れましたよ。
そうではなくて、オートバイの無免許運転で検挙されたのであれば、最初で欠格期間がありますから、その期間を過ぎたらきちんと免許を取らせるか、度々車を無免許で運転いるとわかっていたのであれば鍵は隠しておくべきだったんじゃないですかね。
自分の子供は車を使った殺人という犯罪を犯したのですが、どういうことなのかを理解されている感じではありませんでした。
「一晩中運転をしていたという事で運転技術があったとされる。」というような判断がなされるとしたらそれは間違いだと私は思いますよ。
AT車なんて小学生でも動かす事ができます。
技術云々よりも交通法規も知らないままに公道を走っていることに問題があります。
で、眠っていたから(居眠り運転)故意ではないので過失だけですむ?
おかしいですよ。

最近の車はほとんどがオートマチック車です。
そのせいでアクセルとブレーキを間違えて店舗に突っ込む事故も増えました。
バックR(リバース)とドライブDを間違えて駐車場からバックで転落する事故も起きています。
車のボディの素材を工夫して、人に当たった時の衝撃が緩和されるような研究をしたり、低速走行中であれば人や物を感知して自動的に停止する装置を開発したりと自動車メーカーは日々努力をしているようですが、それで解決される問題はたかがしれているように思います。
絶対に人やその他の車両や動物等とぶつかっても死傷者事故に繋がらなくしたいのであれば最高速が30km/hくらいしか出ない車をつくるしかないのではないでしょうか。?

コンピューター制御によって車が走る時代になったら、運転手は必要なくなるやもしれませんし、そうなれば免許制度って何なの?ってことになりますよ。
コンピューターがバグったらどうするんでしょう?
他の第三者がコンピューターに侵入したらどうするんでしょう?

あまりにも時代が変わりすぎて、車の運転技術をカバーするソフトの開発にばかり目がいっているように感じます。


お子さんがいる家庭や、盗難防止に、車のエンジンをかける為には暗証番号を入力しないといけない仕組みにするとかはどうかな?
指紋認証装置をつけるとか?


死亡事故は劇的に減った日本ですが、あくまでも24時間以内に亡くなられた方の数が減ったのであって、飲酒運転による事故ではひき逃げ事故が増えています。
事故事態はどうなんですかね、そんなに減ったのかな?
ちと疑問に思います。

またマニュアル車のみにしちゃいますか。
っていう問題でもなさそう。
やはり教育の問題ですよねぇ。

法整備には慎重さが必要ですが、できるだけ早く何らかの法的対策をとらなくてはいけませんね。
未来の子供達の命を守る為にも。

兎にも角にも、事故で亡くなられた方の命はもう二度と戻ってきません。
故人をとりまく家族の悲しみはいつまでも消えません。
それが自分の見にふりかかったら?と、そうならないように安全に、安全にと心がけることはとても大切ですよ。


車という乗り物は、安全に楽しく運転したいものです。
車を持つ事がステータスだった時代は過去のものになりつつありますが、もう一度車という乗り物の原点に戻って、車の運転を安全に操作できる事を意識できるような教習のあり方や車そのものの開発をしていただきたいものです。

連休中の事故には気をつけましょう。
交通渋滞などを予測して事故を避けられる運転を心がけましょうね。
2012年のゴールデンウィークは分散されるような事を言っていましたが、流通関係車両、工事関係車用、旅客車両など、大きさも馬力も違うタイプの車が走ります。
どうか、事故に繋がらないような運転を心掛けて楽しいゴールデンウィーク旅になるようにドライバーは緊張感を持って運転してくださいね。

自動車の免許取得と運転@ワンポイントアドバイストップページに戻る

自動車関係の事故のニュース

多重事故(中国道)

2011年12月4日午前10時頃
高速道路(中国道上り線)
フェラーリ一台が左カーブでスピンし中央分離帯に接触。
後続の車が次々とぶつかる多重事故発生。
フェラーリ8台ランボルギーニ1台ベンツ2台その他国産車2台。
対向車線を走行中のベンツは事故をおこしたフェラーリのパーツが飛んできた事で被害を受けた。
これだけの高級車ばかりが絡んだ事故は前代未聞です。
(車1台で家が買えますね。・・)
合計何億円もの車が大破したかという驚きもありますが、日本の高速道路は海外のハイウェーとは違い直線道路はごくわずかです。
日本はフェラーリやランボルギーニで爆走できるような高速道路ではありません。
山陽道よりも交通量が少ないとはいえ、高速道路が6時間も通行止めになることで他の人に迷惑をかけた事の方が問題だと思うんですけど。
ちなみに中国道は80km/hの区間ばかりの高速道路です。
山陽道が完成するまでは中国道では速度取締が行われる事も多かったですよ。

こちらは関東圏でみつけた高級車のオフ会か何か何かで集まったのかな?
高級車がずらーり。@@びっくり~
自分には買えません高級車

(私、車では速度取締でつかまったことはありません。バイクでは中国道で・・汗24年くらい前ね^^)
言い訳はできませんが、当時乗っていたFZR200WR400で鹿児島を出発したところ、どうもエンジンから異音がしました。
まさかエンジンそのものじゃないしなぁ?チェーンの緩みだろうか?
迷いながら走って中国道に入ってしばらくした時に、心配するよりは点検してもらう方が良いだろうと高速道路のサービスエリアのガソリンスタンドに入りました。
「あのぅ、チェーン引きしたいんですが、やってしただけますか?」
その返答は「あー、二輪の整備士がいなくてできないんですよ。」でした。
そこで、では工具だけ貸して下さい。自分でやりますんで。ということで、
チェーンを少しだけ張りました。

そのサービエリアを出ていく時に、エンジン何回転くらいで異音がするのかを確かめたくて、左のエンジン辺りまで頭を下げて、アクセルを開けていきました。

まぁ速度はそれなりに。(内緒)

うーん、これはもしもフロンとかリアのスプロケットのすり減りか欠けそうになっているかだと非情に不安というか危険というか・・。と思っていたところで、後ろにはフロントグリルの中に赤灯が糲点滅?回ってる?
あれ何?黒いセダンだし、珍走団の1人か?おっかけてくるんですよねぇ。

逃げますわよ。勿論。

メーターは150は軽く超えますわよ。
前にトラックがいたのでとりあえず追い越し、左の影に入りましたが、
「前のバイク!停止しろーーー!!」とサイレンまで鳴らしておたけびあげてました。
覆面パトカーでんがな。orz

あー、どうしよう。
停止した瞬間に私は倒れて見ようかな?
女性らしく、えーーっそんなーって泣きながら気を失うってのは?
1秒程の時間に物語を作っていました。

はい、停止。
パトカーから降りてきた警官に、「あら~女の子だったの?」
なーんであんなに飛ばしてたん?
「エンジンの調子を見ながら試験走行中でした。」
と告げたんですが、全く聞き入れていただけませんでした。

山具県警厳しいなぁ。
ま、おわかりの通り一発長期免停ですわ。(笑)
大阪に着いた時に料金支払い所で言われましたよ。
山口県警はねぇ、厳しいからねぇ。お姉ちゃんだからちっとは負けてくれへんかったか?って。
高速道路ですから、罰金は一般道路の罰金よりはお安いですよ。
でもねぇ、一ヶ月分の給料分は吹っ飛ぶ金額でした。
ちなみにエンジンの調子が悪かったのは、フロントのスプロケットの摩耗によるものでした。

なので大阪からの帰り道はフェリーでした。
お金もないし、フェリーの中を下を向きながら歩いていました。
数百円でも落っこちてないかなぁ??ってお腹すいた~。喉が渇いた~。
帰ったら簡易裁判かぁ。もう超落ち込み状態。
しかし、世の中にはやさしい方がおるんですわ。
姉ちゃん、1人かい、これ食うか?
するめをいただき、酒をいただき、なんとかかんとかフェリーで一夜を過ごす事ができました。
みかんももらったなぁ。
ありがとう、あの時に食べ物を分けて下さった方。心から感謝していますよ。今でも。

と言う訳で、速度超過の場合、どんな事情があろうとも警察でも簡易裁判でも正直に答えたとしても認めてはいただけません。
罰金払ってね悪しからずってお話です。

罰金とスプロケ交換で10万円以上が吹っ飛びました。(泣)

何事も経験ですね。w



norimono_0084.gif
自動車の免許取得と運転@ワンポイントアドバイストップページに戻る

自動車関係の事故のニュース

自転車の事故相次ぐ


近年、自転車と車が絡む事故が増えたことから、自転車が関係して起こる交通事故を防止するために、警視庁が、学校や企業などと協議した上で通勤・通学ルートの中で比較的安全だと思われるルートを示す地図をつくっています。
現在安全ルート推奨マップ制作進行中。

「自転車安全ルート推奨マップ」まだ一部だけしか見れませんが、これから増やしていくそうです。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/kotu/bicycle_map/bicycle_map.htm
(↑こちらのページで見ることができます。東京都のみです。)
中野区では集中的取り締まりが数回行われています。
大阪ではピストバイクというブレーキ装置のない自転車に乗っていた人で警告を受けたにもかかわらずその後もピストバイクに乗っていたために略式起訴されました。
自転車は軽車両に区分されますが、反則切符(いわゆる青キップ)が切れないため、反則金ではなく罰金となります。
東京都豊島区では東京都初の略式起訴された人が出てしまいました。
大阪と同じくピスト自転車に乗っていた人です。(2011年11月24日の話)

車やバイクに乗っている人で赤切符を切られた事がある方ならおわかりかと思います。^^
略式裁判というやつです。
言い訳は通用しません。
まれに、きちんとした理由のもと裁判で無罪となることもありますが、まずないことでございます。

ということで、自転車乗りの方々も交通ルールを守って保安パーツはきちんとつけて走りましょう。
東日本大震災後の自転車通勤をする人は都内でとっても増えました。
かつての中国か?と錯覚を覚えるほどです。
国が自転車専用道路の整備も考えているようですが財源不足が問題になっているようです。
(自転車専用道路の実現を願いたいところです。)

一言だけ申し上げたい事があります。
東京直下型地震が起きた場合、被害の大きさは予想できません。
もしもビルのガラスなどが落ちてきていたとしたら、自転車はガラスの破片でパンクして走れません。
瓦礫の中も通常の自転車では走れません。
ですから、単に地震が起きて帰宅難民になりたくないからという理由で自転車通勤をされている方は今一度冷静に考えてみてはどうでしょうか。

大地震が起きた時に備えて、学校、会社、自治体等が帰宅難民者に対して対処できるように保存食や保存水や毛布などを備蓄する努力をしています。
最近は国も、無理して帰宅せず、会社や学校等に留まることを推奨しています。

今回の震災で、たとえ徒歩でも帰ろうとした人の帰宅理由は、家族の安否がわからなくて気になり、それを確認したいからというものでした。
NTTの災害伝言ダイヤル(171)などの使い方を家族で確認しておくなどして、安心して会社や学校に留まれるような備えをしておきたいものです。
NTTの災害伝言ダイヤル(171)は毎月1日にデモ使用出来ますよ。

ということで、話があちこちに拡散しましたが、帰宅難民になりたくないためだけの自転車通勤はお勧めしませんし、健康のためや最寄り駅までの自転車通勤をされる方は保安パーツをしっかり備えた自転車で安全に気をつけて通行しましょうね。

自転車は軽車両です。
道路交通法では、自転車は他の車両と同様に歩道・路側帯と車道の区別のある道路での車道通行(第17条第1項)、車道においての左側通行(同第4項)が義務づけられている。車両通行帯のない道路では、自転車を含む軽車両は道路の左側端を通行しなければならない(第18条第1項)

ただしお子様は歩道の右側を通行させましょう。
歩道と言う事はお店などから人が急に出てきます。
自転車でも歩道通行可の標識がある場合は、歩道の右側を通行するか、区分されている場合は、自転車専用道を走りましょう。

いやはや何とも・・自転車増えすぎです。
田舎と都会ではその数も違います。

自転車が軽車両であるということからも、子供の頃から自転車通行に関する教育も必要になってきそうですね。

交通弱者は歩いている人ということになりますが、お互いにお互いの気持ちになる事も大事です。
自分が歩いている時、自転車に乗っている時、車に乗っている時、バイクに乗っている時、どんな時にも他の人の事を思いやる気持ちの余裕が必要かと思います。

イライラしないで運転しましょうね。速度を10km/h上げたところで、目的地への到着時間はほとんどかわりません。^^

自転車.jpg

norimono_0084.gif
自動車の免許取得と運転@ワンポイントアドバイストップページに戻る


Powered by Seesaa