自動二輪免許

普通二輪免許教習その2

普通二輪の教習では発進とストップの連続練習をする事と思います。
これもとても大事な練習です。
その前に・・運転姿勢ですね。
バイクに跨いだら、シートに真っ直ぐ腰をおろし、ハンドルに体重をかけてはいけません。
走り出したらニーグリップ(タンクをしっかり両膝で挟みます)と背筋と腹筋でバイクを安定させて走らせます。
視線は顎(あご)を引く事。上目使いで広い範囲の確認がとれるポジションをとります。

ちなみに昔のお話ではございますが、背中が反りあごが上がった状態でバイクに乗っている人をみると「あ、女乗りしてる。」といわれていました。差別的な言葉ですが、女性のバイクの乗車姿勢がそういう感じだったのは事実でした。

(二輪車に乗るなら見た目はかっこいい方がいいよね。^^)


ポイント)クラッチの繋ぎ方と停止する時のブレーキの使い方と停止時の安定性を保つ練習です。
アクセルをどれだけ吹かしても、クラッチの繋ぎ方の加減がわかればウィリーもしませんし、急発進することもありません。
その事をしっかり体で覚えましょう。
ってか、指導員が教えなければならない事の一つです。^^
(このことは車も同じです。)

バイクで停止する時には、ハンドルは必ず真っ直ぐの状態で停止します。
ハンドルがどちらかに切れていれば重心が不安定になり転倒する原因になります。
外周のコーナー部分で停止する場合でもハンドルは真っ直ぐにして停止する事。

【停止時】
必ず左足を地面につけた状態からの発進、と停止。
停止時にはフロントブレーキ(右手)とリアブレーキ(右足)の両方のブレーキをかけておく必要があります。
(四本指がけが基本です。レースやその他トライアルなどの経験がある人は一本がけや二本がけが癖になっている場合があるので、試験に関して言えば、必ず四本がけをするよう意識しましょう。)

【クランク通過】
クランクでは行きたい方向を見る事。
クランクの途中でどうしても曲がれない時には、クランクの角であったとしてもハンドルは真っ直ぐにして停止します。
発進してからハンドルを少し操作することによって思ったラインを走れます。

クランクは2速半クラッチで走るよりも2速に入れてアクセルの加減とリヤブレーキのみをうまく踏みながら通過するのが一番楽です。トルクをかけてリヤブレーキを使う事で安定した狭路走行ができます。
S字も同です。
低速時にはフロントブレーキを使うと走りが不安定になります。
気をつけましょう。


そこで小回りをする練習の一つで先ずはパイロン(ポール)を1個置き、その周りを発進したら2速のギアに入れてポールを見ながら旋回します。リアブレーキのみを使って少しずつ旋回の半径を小さくしていきます。
慣れてきたら逆回りをします。
さらにそれにも慣れたらポールをもう1個5メートルくらい離れた場所に置き、8の字旋回をします。
この時、1個のパイロン(ポール)を見て旋回が終わる前には離れた場所にあるポールに視線を置きます。
バイクはアクセルを開けると立ち上がり、リアブレーキをかけながらアクセルをもどすと左右のどちらかに倒れそうになります。
左右に倒れないためにアクセルを回しながらブレーキをかけます。
トルクをかけながらリアブレーキをかけるという意味です。
慣れてくるとアクセル側の手だけでクラッチは使わないので左手をタンクに置いた状態で旋回ができるようになります。

小回りをしたい時には自転車で走っている時の事を思い出してみて下さい。
後ろのブレーキをかけながらこけないようにペダルを踏みますよね。
ペダルをこがないでまわろうとすると不安定になりこけそうになりますし、大回りになります。

ニーグリップがしっかりできていないとできませんから、ニーグリップ忘れないで下さいね。(両腿でしっかりタンクを挟みましょう。)

タイヤが2つしかついていない乗り物ですからエンジンで動かすか、足という人力で動かすかの違いになります。

パイロンスラロームも同じように、次のパイロンを次のパイロンをと、先を先を見てアクセルワークで通過しましょう。(リアブレーキを使いながらの走りは平成10年頃からは教えられていないようです。アクセルワークとリアブレーキを使ったスラローム走行をすると安定してなお且つ速く走れるのですが、教え方は随分前に換ったようですね。半クラッチを使うようです。個人的にはあまりお勧めではありません。)

慣れてきたら高速2速スラロームで腕(二輪走行技術)を上げられますぞ。

小技リアブレーキとアクセルワークの使い方で覚えられます。


「バイクは腰で操る」「行きたい方向に視線を置く」バイクは傾けても顔は道路に対して垂直に」っていうことを念頭に置いて下さいね。

映像とか画像を載せたかったのですが、資料がないのでそのうち自分で走る姿でも載せますかな?
ヘルメットは脱げませんが。(笑)


☆ポイント
・運転姿勢⇒ニーグリップすること。体重を腕(ハンドル)にかけないこと。
体の重心は真下(ステップ)にあるよう意識する事。あごを引く事。

・狭路、スラロームでは行きたい方向に目を向ける。先へ先へと目線を移しましょう。

・ブレーキ⇒基本的にはフロント、リアブレーキ同時にかける。フロントブレーキは4本指(人差し指から小指の4本)がけをする。
スラロームや狭路で速度が出すぎた時、一本橋などではリアブレーキのみを使う。
フロントブレーキを必要としない時にはグリップを握っておく。
(ブレーキに指かけ運転をしない。)

・走り方⇒スローイン・ファストアウト(カーブ手前までに減速を終わらせてからコーナーに進入し、コーナーを抜ける前からアクセルを少しずつあける。

(波状路は、大型二輪のみの試験になりますが、ちょこっとお話しておきます。
スタンディングでしっかりニーグリップし、ハンドルが左右に振れないように気をつける。
半クラッチで超ゆっくりタイヤが跳ねないようになめるように走る事。)

一本橋はニーグリップをしっかりして、重心をしっかりステップに置くために尻が少し上がっているような気持ちで走ると、うまくいきます。

一本橋走行の練習は白バイ隊員はスタンディングでやります。
なぜなら、その方がより安定し、ゆっくり走れるからです。
なので、尻が上がっていない程度(微妙な表現ですみません、これ以上言えません。(笑))
ハンドルに体重をかけないこと。遠くを見る事。
リアブレーキで速度を落としながらエンジントルクは多少かけながらの走行をします。

norimono_0084.gif
自動車の免許取得と運転@ワンポイントアドバイストップページに戻る

自動二輪免許

普通二輪免許教習その一


普通二輪免許は排気量400cc以下のバイクに乗ることができる免許です。
昔の中型二輪免許ですね。

二輪の一回目の教習では、実は!!とっても大事な事を説明しているはずなんですよ。

バイクの引き起こし、バイクに乗る前の点検の話は特に大事です。

二輪車で立ちゴケは一度くらいは経験することでしょう。
私の体重は約50kg(言っちゃったよ^^;)
バイクの車重は装備重量(オイル、ガソリンなど入っていたとして)車種にもよりますが200kgから400kgもの重さがあります。
引き起こしは力ではなく、要領です。
もち、私、簡単に引き起こせます。(笑)

@バイクのギアが入っていない時には必ずギアをローギアに入れましょう。
(手が入るすきまがありますから。)
(ギアが入っていないとバイクの前輪が動いてずるりと動くだけになっちゃいます。力がバイクが立つ方向以外に逃げてしまうということです。)
Aスタンドも立てておきましょう。
(右側に倒れた時。)

この2点忘れないようにしまょう。
間違ってもクラッチを握って起こしちゃだめよ。
ハンドルと後輪近くのフレームの一部をしっかりと握ったら、バイクに体(胸に近い部分)を押し付けて斜め45度に立ち上がるだけです。斜め45度の屈伸運動(斜め45度に立ちあがる)と思って下さい。


または、@Aの作業をしてから倒れている側(地面に着いてしまっている方)のバイクのハンドルを両手で持ちバイクの前輪側から引き起こす方法もあります。
バイクの重さとハンドルの強度によりますが、ちょっとハンドルに狂いが生じる事があるので乗った時に狂いがないかを確認することを忘れないように。
(ハンドルが狂っていると真っ直ぐに走れません。こわいですよ~。)

街中なら誰か助けてくれるかもしれませんが、誰もいないところでバイクで転倒して引き起こしもできなかったらどうしようもないですからね。

引き起こしもできないバイクは購入しないことです。
というか、引き起こしが完全にできなくても1段階を通過させるとこってあるんですよね・・--;
個人的には、そういう事自体問題だと思います。

バイクに乗る前の点検は、
「ねん お しゃ ちえ ぶ く とう ば しめ」
という言葉で覚えておくとよいですよ。
ねん⇒燃料(燃料が充分に入っているか)
⇒ オイル(オイル量が規定量入っているか)
しゃ⇒車輪(タイヤの空気圧が規定量入っているか、釘などささっていないか、タイヤの山があるか)
ちえ⇒チェーン(チェーンが張りすぎでいないか緩み過ぎていないか【指でチェーンを上下させた時約  1.5cmの余裕があること。】)
⇒ ブレーキ(前後ブレーキが正常に作動するか)
⇒ クラッチ(クラッチの繋がりの深さが適切であるかどうか)
とう⇒灯火類 (ヘッドライト、ウインカー、テールランプ、ブレーキランプがつくか)
⇒ バッテリー(今はメンテナンスフリーバッテリー(MF)ばかりなので・・ちょっと困るけどw一応バッテリー液の量が足りているかどうかwと書いておきますね。)
しめ⇒締め付け(バイクのさまざまな部分のボルト類で緩みが出ていないか締め付け部分に不具合がないかどうか)

車もバイクもそうですが、途中で故障したら困るのは自分です。
バイクのメンテナンスは普段からやっておかなければなりませんね。
自分でできない時には行きつけのバイク屋さんで点検をしてもらいましょう。

クラッチワイヤーが切れたら左手でワイヤーを力一杯引っ張ってギアをかえなきゃならなくなります。
あ、これね経験してしまったので。(汗)

ということでとりあえず2つの項目について書いてみました。
バイクもこれからは電動バイクになっていくでしょうし、メンテナンスと言ってもキャブじゃなくてインジェクションになってしまっているので自分でメンテじゃなくてバイク屋さんで交換って話になっちゃいます。
コンピューター制御車にコンピューター制御バイクの時代・・・。「単車」って言葉が妙に懐かしい。^^
時代は変わりましたなぁ・・。
まだまだこれから変わるかもしれませんな
バイクのエンジンそのものが変わったとしても安全に運転をするという基本的な事は変わりませんからね。

気をつけて楽しくバイクライフを楽しみたいものです。
次回は、バイクの小技テクニックを覚えたら・・・ってな感じで書こうと思います。
bimota.jpg
(時代がバレバレ?(笑))

追記
どんな時に立ちゴケする?
1・冬の寒い時期に長時間バイクを走らせた後停止する時に足の感覚がなくなっている時。
2・バイクを停めてスタンドを出して安心してバイクを降りようとしたらバイクのスタンドが側溝の穴に入ってしまっていた時。(バイクを下りてからスタンドを出しましょう。)
3・単純に停止時にバランスを崩してしまった時。(ハンドルが切れた状態での停止で立ちごけする事は多いですよ。)
他にもあるかな?思いだしたらまた追記しておきます。


norimono_0084.gif
自動車の免許取得と運転@ワンポイントアドバイストップページに戻る


Powered by Seesaa