けん引免許

けん引免許

【けん引免許】

牽引自動車(けんいんじどうしゃ)とは、自動車(主に貨物自動車)の形態の一つ。運転席と荷台や客車が分離できる構造のもので、前者をトラクター(またはヘッドまたはけん引車)、後者をトレーラー(被けん引車)と呼ぶ。
なお、日本の道路交通法の規定では、「牽引自動車」、「牽引車」とも牽引する側(トラクター)のみを指し、牽引される側の車両(車両総重量が750kgを超えるもので要牽引免許車輌)を「重被牽引車」としている。同法ではその両者を一まとめにした連結車輌に対応する呼称・用語は規定されていない。
(wikipediaより)


けん引の免許は、方向変換さえできれば合格に大きく近づきます。後は前進のみですからね。
課題は方向変換とS字のみです。(2015年現在)

方向変換の時(バック時)ハンドルを逆切りをして台車(被牽引車両)を入れていくので図解の方が文字よりもわかりやすいかと思いますが、それは後ほど^^;

方向変換について、簡単に書いておきます。
(一度でもけん引車に乗ってみた事がある方であれば、この説明で理解できると思います・・が・・。)

方向変換は、方向変換路に入ってバックして入って来た方向に出られれば良いのです。
バックし終わった時に、キャビンと車台が曲がっていなければ凹の字に斜めに入ってしまったとしても、出られれば良いだけとなります。
方向変換牽引.jpg

進入路に入ったら方向変換する場所の確認をし、しっかり前まで車体を出します。
(左後方にバックして方向変換する場合)
左ミラーでリアタイヤが方向変換する道路の角よりもおおよそ40cmくらい前にある事を確認しましょう。左バックの時には窓を開けてリアタイヤの位置を見ても良いと思います。リアタイヤの位置はとてもわかり易いです。
その位置でハンドルの12時(真上)を持ち6時(真下)まで右に切りながらバックします(逆切り)
台車が少し曲がってきたら12時に戻します。

戻しが早いと折れが足りないので、その場合は折り足し(逆切り)します。
戻しが遅れると「くの字」に曲がって修正不可能状態になる事が多いです。

無理だと思ったら、しっかり元の位置(バックを始める前の位置)に戻りましょう。
車体が曲がっていると思ったら思い切って前に出て車体を真っ直ぐにしてから再度バックした方が良いと思います。
自分が運転しているキャビンは気にせず台車(被牽引車両)の動きだけを見ましょう
ポールに対して台車の側面が平行になる前(ポールと台車の側面でカタカナのハの字の時)に左にいっぱいハンドルを切ります。

すると、台車(被牽引車両)とキャビン(運転席がある車両)が真っ直ぐになってきます。
真っ直ぐになったら前輪が真っ直ぐになるようにハンドルを戻します。

左折時の注意点はハンドルの戻しが早くならないようにする事です。
ハンドルの戻しが早いとけん引している台車(被けん引車両)が左大回りになってしまいます。
しっかり曲がり切ったという事をミラーでチラ見確認してハンドルを戻しましょう。

気をつけなければならない事はとにかくゆっくりとバックする事。
焦らない事です。ゆーっくりです。
府中試験場は他県の試験場よりも進入路が狭いので左バックの時も右バックの時も方向変換場所にある程度寄せなければ前輪が前方の縁石に接輪または脱輪します。寄せ具合はおおよそ40〜50cm以内です。
と、参考までに書いておきます。

けん引車でバックしながら車体を真っ直ぐにしたい時には車台が曲がっている方向にハンドルを切ります。
曲がりのきっかけを作ったら早めにハンドルは元の位置まで戻しましょう。
一般的な大型のけん引車の場合は比較的簡単に修正できますが、試験車両はくにゃくにゃと簡単に車体が折れます。数回経験するとその感覚が理解できる(つかめる)はずです。

ランキング
人気ブログランキング

ランキングに参加中
一日一回ポチッとクリックいていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ドライバー日記

(5月)春の交通安全運動と(6月)厳罰化される自転車の危険行為について

平成27年5月11日(月)〜20日(水)春の全国交通安全運動期間です。
色々と(笑)気をつけましょう。白バイ、パトカーの警らも取締りも多くなります。


http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/saiyo/27/hiring/pdf/shirobai.pdf
第38回警視庁白バイ安全運転競技大会平成27年5月10日(月)
【交通執行課】
場所:世田谷区喜多見1-1-7(多摩川河川敷)

競技大会は勿論の事ですが、イベントも盛りだくさんのようです。
白バイ、パトカーなどの展示があります。
3歳児〜12歳児ほどの子供たちでしたから白バイ隊員の制服を着る事ができます。
撮影も可能なのでご自分でお持ちのカメラを持参されますように。

オフロード白バイによる模範走行も見る事ができます。

同日、渋谷署では渋谷警察署交通安全パレードが行われます。a.m.10時〜a.m.11時まで。
桜庭みなみさんが一日署長をされます。

他の都内各署で5月17日までさまざまな交通安全キャンペーンが行われるようです。
警視庁のwebページでご確認くださいませ。
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/index.htm



【平成27年6月1日から始まる自転車運転者講習について】

3年以内に悪質な危険行為を2回以上した場合は、悪質自転車運転者とされ、公安委員会の命令による自転車運転者講習の受講が義務付けられます。
公安委員会による自転車運転者講習に従わなかった場合は5万円以下の罰金を支払わなければなりません。

信号無視(道路交通法第7条)
通行禁止違反(道路交通法第8条第1項)
歩行者用道路における車両の徐行違反(道路交通法第9条)
通行区分違反(道路交通法第17条第1項、第4項または第6項)
路側帯通行時の歩行者の通行妨害(道路交通法第17条の2第2項)
遮断踏切立ち入り(道路交通法第33条第2項)
交差点安全進行義務違反等(道路交通法第36条)
交差点優先車妨害等(道路交通法第378条)
環状交差点安全進行義務違反等(道路交通法第37条の2)
指定場所一時不停止等(道路交通法第43条)
歩道通行時の通行方違反(道路交通法第63条の4第2項)
制動装置(ブレーキ)不良自転車運転(道路交通法第63条の9第1項)
酒酔い運転(道路交通法第65条第1項)
安全運転義務違反(道路交通法第70条)

などが危険行為とみなされます。
お問い合わせは(警視庁 交通総務課 自転車交通安全対策係)まで。


自転車専用.jpg
スポーツ自転車は年を増すごとに増えてきましたね。自転車専用道路が歩道に併設されている場所もありますが、実情では途切れ途切れの自転車専用道路が多いのです。安心安全な自転車専用道路が何十キロも続いている訳ではありません。せいぜい数百メートルくらいのものです。
自転車専用道路から通常の歩道や車道を走らねばならない時には歩道を歩く人、または車道の後方から走ってくる車両等などに気をつけて下さいね。
お子さん連れで自転車で走るお母さん方は子供さんにしっかりと自転車の走り方や最低限の標識の意味を教えてあげてください。小さい子供さんは自転車運転者講習の対象にはなりませんが何より命が大切です。
罰則がある事よりも命を大切にする事、他の人を思いやれる自転車走行ができるように指導してあげて下さいね。


全ての車両は安全運転に心がけましょう。
歩行者も事故がおこらないように事故を誘発しないように歩きましょう。

自転車走行に関してはまだまだ問題が山積みといったところでしょうか。
自転車による事故に特化した損害保険等もあります。保険に加入しているといっても過失の内容によっては保険適用外の場合があります。
何につけても事故を起こさない事を先ず一番に考えて素敵な自転車ライフを楽しんで下さいませ。
皆、お互い様でございます。心に余裕を持ってね^^思いやりを持った運転で気持ち良い一日を過ごしたいものです。
これから暑さも増し、雨の日も多くなってきます。
交通状況を意識して把握する事、交通標識の見落とし等に気をつけて下さいね。
私も気をつけます。

自転車も車も歩いている人も各々が気を付ける事で防げる事故は多いのではないかと思います。
自分だけは大丈夫と思っておられる方、とくに注意してくださいね。(意味深w)

ランキング
人気ブログランキング

ランキングに参加中
一日一回ポチッとクリックいていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

ドライバー日記

雪の季節は雪用タイヤで、局地的降雪時は外出を控えましょう


日本の冬の気圧配置や気象図をみると、局地的豪雨や豪雪といった現象が見られます。
南の暖かい地方を除いて、ほとんどの地方では雪が降り易くなっていますね。
11月に入ったら関東南部に住んでいても冬用タイヤに交換する事をお勧めします。
(震災等で雪がある地域へ避難しなければならないとなると冬用タイヤは必須です。)

2014年も昨年に引き続き局地的大雪による車の立往生が何件も見られます。
交通量が多い国道でも高速道路でもそれは起こっています。
エンジンをかけたまま立往生している時にエキゾーストパイプ(エキゾーストマフラー)が雪に埋もれると一酸化炭素が車の中に充満して命を落としてしまう事があります。
エンジンを切ると暖がとれないですし予想以上に車内の温度は下がり低体温症になり命にかかわる事もあります。
雪の多い場所を通過しなければならない時、またはそう予想される時や雪の多い地域に車で移動する場合にはプラスコップを一本くらい積んでおきましょう。
私なら携帯トイレとプラスコップとカイロや登山冬用の寝袋と水やちょっとした食糧は車に積んで出かけます。(備えあれば憂いなし)

気象予報を見て雨が降りそうな場合も雪に変わる事があります。
「局地的大雪」などの言葉が含まれる気象予報が出ている時には、できれば外出は控えるようにした方が良いと思いますよ。

これから年末年始で帰省される方も多いと思います。ただでさえ渋滞も予想されますので、最低限の装備をしておくことをお勧めします。
寒い雪の中で携帯電話の電池もなくなってしまったら不安ですよね。
救援すら呼べない事になります。無線が使える方はまた別ですが。
何よりも車ででかける前には交通状況、道路状況、気象情報などをしっかり把握しておくことが大事です。

良い年を迎えられるよう、また無事に帰省先から帰宅できるように気をつけて下さいませ。
ランキング
人気ブログランキング

ランキングに参加中
一日一回ポチッとクリックいていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

<<前の3件  1 2 3 4 5..  次の3件>>



Powered by Seesaa