ドライバー日記

バイク事故に関して


気持ちの良い季節になるとバイクでツーリングをしたり、それまで電車通勤だった人がバイク通勤をしたりと二輪車が増えてきますね。

街を走るバイクが増えると事故もまた増えます。
原動機付き自転車(原付)や自動二輪のライダーは、できればフルフェイスのヘルメット着用をおすすめしたいです。
フルフェイスヘルメット

ジェットヘルメットは着用しやすいですし、ゴーグルとジェットヘルメットというスタイルは人気がありますが、事故の状況(何かとぶつかり体が投げ出される・空中に放り出されて地面に落下など)によっては、顎(あご)を守る事はできない事があります。
顎が砕けたり歯を折ってしまったり致命傷にならないとも限りません。

昔のフルフェイスのヘルメットはジェットヘルメットに比べると重いものでした。頸椎への負担もありました。しかし、最近のフルフェイスヘルメットは重量が軽いのです。
ジェットヘルメットの内装とフルフェイスの内装はメーカーによりますが、あまり違いはないかもしれませんが、フィット感が全く違います。
ジェットヘルはお手軽ですが、白バイ隊員が被っているジェットヘルと市販されているヘルメットではホールド感が全く違います。

ジェットヘルメットは視界が広いと言われていましたが、最近のフルフェイスの視界の広さには驚きました。
基本的に視野視界に違いが無いはずなのですが、後方目視時にはフルフェイルのヘルメットをかぶっている時は意識的により確実に深く見て後方の交通情況(他の車両の動き)を確認しましょう。

ジェットヘルメットも販売されているのですからそれなりに頭部を守る事はできますが顔面がむき出しですからねぇ。個人の考え方はさまざまだとは思いますが、よく考えて購入しましょう。
オンロードバイクにオフロードのヘルメットを被っていようが、オフロードバイクに乗っている人がフルフェイスのヘルメットを被っていようがそれも個人の自由ですよ^^


バイクの事故現場では、下手にヘルメットを頭からとりはずす時に、頸椎などを痛めてしまう危険性があります。
救急隊員の方々はご存じだと思いますが、最近のヘルメットは緊急用にヘルメットをぬがす事なくヘルメットの内装を外せるボタンがついているものがあります。ショーエイのヘルメットはオンロード用もオフロード用にもついているのが確認できます。
ヘルメットの内装を外す事で頸椎に負担をかけずにヘルメットをぬがすことができます。
一刻を争うような場合はヘルメットのつくりを良く見て写真のようなボタンがついていたら静かにそのボタンを引きましょう。【「emergency use only」緊急時のみ使用の意味が英語で書かれています。】
すると内装がはずれてフルフェイスのヘルメットを頭部から簡単にとりはずすことができます。フルフェイスヘルメット 緊急時に引く

ヘルメットは外装がどれだけ綺麗だったとしても一度でも地面に落としてしまったらどんなヘルメットも頭部を守れる保証はありませんので、その場合は買い換えましょう。
また、ヘルメットを落としたりしていない場合でも保障は三年間が基本です。
バイク乗りで頭を守ろうと思うならば使う頻度と時期を見て買い替えをしましょう。

教習所で準備されているヘルメットはメンテナンスと価格の面からもジェットヘルメットなんですよね。
インストラクターもジェットヘルメットです。

バイクの性能が上がっているだけにヘルメットに関してもそろそろ考え方を変えた方が良い時期のような気がします。

スポーツ自転車で走る方もね。気をつけて下さいね。

ファッションで二輪に乗りたい人が多いのも事実です。
気持ちはわかるけれど、万が一の事故に備える為に装備はしっかりした装備(頭からつま先まで)にしておいた方が良いと思います。

ランキング
人気ブログランキング

ランキングに参加中
一日一回ポチッとクリックいていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村


ドライバー日記

大雪予報がはずれても

IMG_8131.JPG
2013年1月に積雪のために大混乱した東京。
2月6日にも東京では大雪になるとの気象予報で、前回のような大雪による車の事故や公共交通機関の混乱に備えて、各機関は事前の対策を行いました。
ところが雪はほとんど積もりませんでした。
早朝に限っては幹線道路以外の側道などは二輪車は通行できないくらいに積もっていた場所もありしました。

首都高や各幹線道路ではチェーンの必要性はほとんどなく、事前に車チェーンの装備をしていたドライバーが自分で外せなくてJAFを呼ぶという混乱が生じました。
ゆえに気象庁や各テレビ局の天気予報の係に苦情電話が殺到したそうです。

気象予報では、雪が10cm以上積もるかもしれませんと報道されていたにもかかわらず予報かはずれたからといって苦情を言うのはどうかな?と思いました。私は積雪で大変な思いをするよりずっとマシだと思いましたけど。

さて、
それにしてもチェーンを外す為にJAFを呼んだ方はチェーンもJAFにつけてもらったのでしょうか?それともカー用品店で装着してもらったのでしょうか?
どう気象条件が変わるかわからない冬場はチェーンの付けはずしは一度は自分で練習しておきましょう。
または冬用タイヤに変えておいた方が良いと思うのです。

私は九州出身なので一年に何度も車で東京から南九州まで車で走ります。十数年前まで冬場はチェーンを携行してました。高速道路でチェーン規制があると一台一台の車のタイヤが冬用タイヤてあるか、またはチェーンをつけているかの確認を(当時、道路公団)の職員が確認します。
普通タイヤの車は高速道路を下りなければなりませんでした。
(現在は11月に入るとスタッドレスタイヤに交換しています。)

冬場に関東から北に向かう事が多いウィンタースポーツや雪山登山などをする人は必ず冬用タイヤをつけていることでしょう。

目的があるからスタッドレスタイヤにする人は当たり前かもしれません。
しかし今回私が感じた事があるんですわ。
もしも秋から冬、初春の頃に大地震やその他の災害で関東から車で走って他県へ避難しなければならないとしたら?
それがたまたま雪が多い地方に走らなければならなかったり、または高速道路の一部がチェーン規制がかかるような地域だったとしたら?
装備がなければ車での避難はできませんよね。


東京だと都心は雪が降らなかったにしても八王子や青梅方面などの郊外では雪が降ることがよくあります。
スタッドレスタイヤ&チェーンで鬼に金棒ですよ^^
備えあれば憂いなしと申しますしね。
凍結した道路ではスタッドレスタイヤでも滑ります。
四駆だったとしても摩擦係数が0だとすると滑るのは同じことです。

チェーンは駆動する方のタイヤにつけましょう。
FF(フロントエンジンフロント駆動)ならば前輪の2本のタイヤにつけましょう。
FR(フロントエンジンリア駆動)ならば後輪の2本のタイヤにつけましょう。
RR(リアエンジンリア駆動)ならば後輪の2本のタイヤにつけましょう。
(フルタイム四駆)四輪駆動の車の場合は本来4本のタイヤにつけるのが当たり前なのでしょうが2本しか着けないのであれば前輪の2本のタイヤにつけましょう。
(パートタイム四駆)←(2駆動4駆動切り替え付き)の場合は四輪駆動にしてから・・ですね。(略)

ということで、チェーンをつけたりはずしたりする面倒を考えると、冬場の一定の時期だけは冬用タイヤ(スタッドレスタイヤ)に交換しておくのがベストではないでしょうか。

ブラックアイスバーンには気をつけましょう。

もうすぐ春ですが、関東以南では、忘れ雪なんて言葉があるくらいですからまだまだ油断はできませんね。

雪国の雪解けはまだまだ先です。4月くらいまではまだまだ雪が残っています。
みなさまお気をつけてドライブしてくださいね。
ランキング
人気ブログランキング

ランキングに参加中
一日一回ポチッとクリックいていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

自動車運転免許 学科試験

(道路交通法改正について)平成23年9月12日に施行

(道路交通法改正について)

平成23年9月12日に施行された規制標識について

自転車道、歩道での自転車の通行に関する規制標識が新設されました。

規制標識は以下のようなものです。自転車規制02.jpg自転車規制01.jpg
「この歩道上又は自転車道上では自転車一方通行です」という標識ですので、この標識がある場所では逆行して走る事はできません。
そもそも、自転車は道交法上軽車両に区分されますから、車道の左側を走るのが原則です。
歩道を走れる場合が例外であって、歩道を走る時には車道を走る時以上に歩行者に気をつける必要があるわけですから、このような標識ができる事自体が問題なのです。

とは言え、このような標識が設置されますと、今後上記のような標識があることで「お墨付きを得た」と勘違いした自転車が速度をこれまでよりも出して歩道を走行する可能性があります。
車両を運転する人は交差点や側道に左折する場合には特に確認を怠らないように気をつけなければならないなぁと私は感じましたわ。

都内で自転車通勤をする人はほんっとにびっくりするくらい増えています。
自転車と車の事故では弱者保護という観点から、どうしても自動車の運転手の過失が大きくなります。
歩道や自転車通行帯などを横切る場合には一時停止して安全確認をしましょう。
だって、いくらもらい事故だとしても、こちらが走っている限りにおいて事故を起こしちゃったら過失ゼロってことにはなりませんからね。

ちなみに、警視庁のページに【「自転車が安全な速度で走る」という意味はいつでも徐行運転に移行できる速度であり、安全な速度で走行しなかった場合は2万円以下の罰金又は科料が科せられます。】という趣旨の記述がありますが、そのことを理解した上で自転車を走らせている人がどれほどいるのでしょう?
危なっかしい自転車を良く見ますよね。
ケータイやスマホをいじりながらとかイヤホン等で音楽を聞きながらとか降雨時などに片手で傘をさしながら走行する人とか。
自転車乗りの皆さんはそんな見方をされることが多いってことを認識して下さいね。

あ、夫が「そんなのは自転車乗りの常識的なマナーだ。ふざくんな。」と言ったその口で「けど自転車乗りにはマナーが悪いキチ●イも多いからなぁ」と言ってる。(笑)
そういう目で見られないように、かつ事故を起こしたり巻き込まれたりしないよう気をつけて下さいね。
自転車って体晒して乗っている分、事故を起こしたら痛い目にあうのは自転車乗り本人です。
命って大切にすれば一生使えるんですから本当に気をつけて安全運転を心がけて下さいね^^

自転車通勤.gif

ランキング
人気ブログランキング

ランキングに参加中
一日一回ポチッとクリックいていただけたら嬉しいです。
にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村
自動車の免許取得と運転@ワンポイントアドバイストップページに戻る

<<前の3件  .. 2 3 4 5 6..  次の3件>>



Powered by Seesaa